服飾に関係する専門学校がいくつも存在しますが、東京で広く知られている専門学校というと「文化服装学院」ではないでしょうか。こちらでは、文化服装学院の評判や口コミをいくつか紹介しています。 文化服装学院の評判から学校の特徴が分かりますので、この体験談を参考にしながら学校選びに、是非お役立てください。

文化服装学院をオススメする理由

文化服装学院HP

※文化服装学院に好意的な口コミを掲載しています。

【文化服装学院】生地をデザインする図案家への道!

口コミイメージ女性 グラフィック学校卒業後、文化服装学院アパレルデザイン科へ。在学中に、図案家という職業を知り、テキスタイルの先生に図案家を紹介してもらい、卒業後弟子入りしました。

生地の素材からデザインまで、トータルで受け持つ「テキスタイルデザイナー」とは相違し、生地の図案を一から描きあげるのが図案家のお仕事です。

評判だったフリー図案家を訪ねて弟子入り、10年で一人前のところを2年で独立。
ヨーロッパ旅行や美術館巡りなど多くの深い教養を得ながら、より納得できるデザインができるようになった気がします。

理想の絵柄は「誰にも気付かれない柄」と師匠から教わりました。将来は自分のデザインでスカーフを作りShopをオープンする予定です。

【文化服装学院】自分のペースで、パターンと縫製の勉強ができる!

口コミイメージ女性 先生より「パターン作りは、多くの経験をこなすこと」とアドバイスをいただき、製図を何度も繰り返し練習してきました。

確かに袖やテーラードジャケットなど難しい面もあるのですが、ブラウスやスカート・ワンピースなどの基本的な製図は自信が持てるようになりました。

好きなスタイルブックを見て製図が引けるので、今後は好きなデザインのパターンメイクができるようになりたいと願っています。(文化服装学院通信教育・服装コース)

【文化服装学院】図書館の本の数の多さにビックリ!

口コミイメージ男性 学校を選ぶ時にいろんな評判よりも大切にしてきたことは、どれだけの情報が吸収できる場所かどうかだった。

その一つとして文化服装学院内にある図書館は、蔵書数がとても多い。
国内だけでなく海外の雑誌まで揃っているし、ファッションだけに限らず建築やアートに関わることを調べたい人にはかなりGoodな場所!

例えば、ヴェルサーチに関する書物だけでもビックリする量だ。装苑、VOUGEやELLEなどの創刊号…。ファッションについて知りたいことは図書館へ行けば解決されること間違いなし!

【文化服装学院】夜間の学校に通いながら自分の夢を追う!

口コミイメージ女性 会社員からファッション関係の仕事をしたいと専門学校にいく決心をしたのが去年。

地元で文化服装学院の関連校に通うか、上京し夜間校に通うか悩みました。結局はファッション関係で何がしたいか試すために、多くの選択コースがある文化服装学院を選びました。

私が、東京に生活拠点を置くことにした理由には、最先端のファッションの情報が取り込みやすいという理由もありました。都内の服飾学校の中でも、評判も良かった文化服装学院に通うことにしました。

学生と仕事の両立は正直なとこ大変ですが、いつか「スタイリスト」か「デザイナー」になりたくて頑張っています。

【文化服装学院】企画から販売するバイヤーの仕事

口コミイメージ男性 一日の大半は生地を販売する時間に費やしているバイヤー!しかし、アクセサリーパーツやリボンなどの服飾品まで仕入をしています。

時には海外へ生地の注文をしたり、実際に現地に出向き天然石やビーズなどの買い付けまで行うために、かなりハードな企画を担当する部分があります。

お店に並ぶ商品なだけに単にセンスだけでなく売り上げに繋がる責任ある仕事です。しかし苦痛にならないのは好きな仕事だからです。

文化服装学院の在学中にファッションショーなどで企画した経験が非常に役に立っています。

【まとめ】文化服装学院の評判結果から職業を考えると…

文化服装学院は、学生にとって「選択肢」の多い学校であることがわかります。
昼・夜間に加え、実際の職業と結びついた指導、興味のあることには積極的に取り組める環境がそこにはあります。
いざ、文化服装学院を卒業して就職して現場に立った時に、専門学校で磨いた自分のセンスや知識がきらりと光る人材になれる気がします。


リボン【文化服装学院卒業後の主な職業】
罫線

※あくまでも一例です。参考程度に留めてください。これらの職業への就職を保証するものではありません。

■服飾デザイナー、テキスタイルデザイナー、パタンナー、グッズデザイナー、プランナー(商品企画)
■生産管理 ・ 生産企画、商品管理 ・ 商品検査
■バイヤー、スタイリスト、メイクアップアーティスト、プレス、セールスマネージャー、ファッションアドバイザー

このページの先頭へ