ファッションアドバイザーとは、服飾や雑貨の販売をする職業です。単に商品を売るだけでなく、顧客の様々な要求に合わせた品物を選ぶことでトータルファッションの提案などをすることが必要とされます。 流行や商品の知識、商品管理や販売促進の専門的な知識も要求され、コミュニケーション力が重要な職業といえます。

ファッションアドバイザーの仕事

リボン ファッションアドバイザーの仕事とは!
罫線

ファッションアドバイザーとは、服飾や雑貨の販売をしたり、顧客へアドバイスをしたりする職業です。商品を売るという意味ではショップ店員と同じような仕事内容ではありますが、単純に商品を売るだけではない点がポイントです。顧客の好みに合わせた品物選びやトータルファッションの提案などを行うところがショップ店員とは大きく異なるところで、仕入れやディスプレイなども仕事の範囲に含まれます。

アドバイザーが必要とされる場所は、服飾品を扱うお店です。なかでも、高級路線のお店にはアドバイザーが常駐していることが多く、高級紳士服などのオートクチュール店や高級既製服を扱うプレタポルテ店などが主な働き口となります。近年、全国にあるファッション専門店・百貨店の中にある服飾ショップ・個人経営の店などでもファッションアドバイザーが置かれることも多くなり、この職業の幅が多様化し、イマ求められている仕事だといえます。

服を販売しその売り上げを稼ぐショップ店員とは違って、どんなものが世の中に求められているのかマーケティングの前線にいる存在として仕入れやマーチャンダイジング(商品の置き方・見せ方など)にも関わっていきます。

高級服飾店や百貨店では、顧客のトータルコーディネートを手がけることもあるためスタイリストの知識も必要となります。「服を売る」ことに関わる全てのことに精通していなければならないため、常に最新の情報を得るアンテナを張り巡らせ勉強し続けていなければなりません。

アドバイスをするからには、自身の服装にも気を配らなければなりませんし、顧客にニーズを察知するコミュニケーション能力も欠かせません。アパレルメーカーに勤めた最初の数年をアドバイザーとして過ごすよう定めているところも多いのは、ファッションに関わる全ての知識が身につくためだともいわれているほどです。ファッション業界に関わるなら一度は経験しておきたい職だといえるかもしれませんね。

リボン ファッションアドバイザーに向いているタイプ
罫線

ボタンコミュニケーション能力に長けている

ファッションアドバイザーにとって、コミュニケーション能力は必要不可欠なものです。基本的な接客術はもちろん、顧客のニーズを引き出して提案するアドバイザーとしての役割にもコミュニケーション力が必要です。

流行を察知してマーチャンダイジング(MD)に活かしていくためにも、本社のMD担当者とコミュニケートしていかなければなりません。この能力に長けている人ほど、ファッショアドバイザーに向いているといえます。

ボタン研究熱心な勉強家

ファッション業界の情報更新スピードはとても早いです。日々情報を集めていかなければ置いてかれてしまう業界において、アドバイザーとして活躍するために必要なのが研究熱心な一面です。

勉強家であることはどの仕事に就いても必要な部分ですが、特にファッションに関わる全ての分野に精通していなければならないファッションアドバイザーになるには重要なポイントとなります。ファッションアドバイザーは知らないことはどんどん調べたくなる人や、突き詰めて研究することが好きな人に向いている職業です。

ボタンファッション業界で成功を収めたいと思っている

デザイナーやスタイリストといった専門職ではなく、ファッション業界でトータルプロデュースをするような形で成功を収めたいと思っている人に、まず身を置きたい仕事としてオススメなのがファッションアドバイザーです。

トータル的な知識が身につくのはもちろん、ファッションアドバイザーとして成功することで、ブランドやメーカーそのもののプロデュース力も学べます。ファッションの世界で有名になりたいなら一度は経験しておきたいお仕事です。

ボタン体力に自信がある

日夜、お店に立っていなければならず、販売以外の部分にも気を配らなければならないファッションアドバイザーは体力勝負の職業だといえます。どんなに疲れていても、疲れた様子を顧客に見せるわけにはいかないので、つらいときも笑顔を絶やさないことも求められます。

どの職業でも体が資本とはいわれますが、店頭に立ちながら店舗としてのマーケティングにも力を注がなければならないファッションアドバイザーは、ショップ店員以上の体力が必要です。ファッションに関心のある人で体力に自信があるなら、ファッションアドバイザーを目指してみてはいかがでしょうか。

リボン アドバイザーからファッションブランドの広報職に【体験談】
罫線

ファッション専門学校に通い、新卒で中堅アパレルメーカーに就職。最初は、プレス職を希望していたのですが、しかし全員がアドバイザーからと言われました。販売の先輩の話ではプレスや、企画希望者がかなり多く「高嶺の花」なので悩んだ末に退職をしました。

そして再度、広報の専門学校に入学。在学中には雑誌社などへ「インターンシップ」も行い、就職先は学校からの紹介でした。広報という仕事は、今まで経験が少なく自分ができることが本当にないと感じました。

社会人としての経験も未熟で、編集者とスタイリストと一緒に進めていく必要があり、本当に戸惑うことばかりありました。そんな状況であっても自分の最後までやりとげたいという熱意だけでした。一つずつ仕事を選ばずこなしていった気がします。

そしてこの業界は横のつながりが強いところがあり、担当をしていた編集者の人に仕事情報だけでなく、他の旬な情報を伝えるためにわざわざ出向いたこともあります。
また、ちょっとしたイベントなどを利用して積極的にアプローチすることで、知り合いができ人脈が広がっていきます。すると面白いほど、次の仕事にもつながっていくんです。上手く回りだすと連鎖的に、良い結果も付いてくるようになりますから…。

広報・PRをする仕事なので、クライアントの要望を一番に取り入れていく必要があり、華やかに見えるようですが現実は足でかせぐとても地道な活動なんですよ。

リボン あれば有利な「スキル・技術・資格」
罫線

ボタンファッションビジネス能力検定(一般財団法人 日本ファッション教育振興協会)

ファッション商品の企画・生産・流通の流れについて、ビジネス知識や専門知識、取り扱う商品に関する知識すべてのプロセスにトータルで必要。その関係するスキルを認定する検定試験。
教育機関でファッションビジネスの専門教育を2年以上の履修、卒業後アパレル企業で5~6年程度の実務経験レベル。


ボタンカラーコーディネーター検定(東京商工会議所)12.3%

オフィスや自宅で、ショップやウィンドウ、TV、雑誌、インターネットなどで多くの場所で溢れている色彩。世相が流行色に反映したり、デザイン色や商品によって大ヒットが誕生するなど、色彩が文化や時代の流れに与える影響は大きい。
色の性質・特性など、他に色彩の知識を知ることで、仕事にも役立つ色彩知識を知ることができるカラーコーディネーター検定試験になる。


ボタンファッション販売能力検定

店舗の管理や運営には、店長、マネジャーなどが中心になるが、ビジネスモデルによりマネジメント方針と領域などに違いがある。
ファッション商品を販売する百貨店や量販店、専門店などの現場では、主に若い管理者と責任者を育成する目的より、対面式の接客販売や経営者、支援システムがある店舗なことを前提にしている。

資格としては学校などでファッション知識ないしファッション販売技術、またはショップとマネジメントに関係する専門教育が2年以上あること。その卒業後に3年程度のショップ実務経験レベル。


ボタン小売商(販売士)検定(日本商工会議所)

変わっていく消費者のニーズに合わせて、顧客の満足度を向上させるクオリティの高いサービスを提供するスペシャリスト。


レース罫線

「ファッションアドバイザー」になるための学校pickup

文化服装学院 文化学園大学
モード学園 杉野服飾大学
東京デザイナー学院 東京家政大学
上田安子服飾専門学校 青山ファッションカレッジ
桑沢デザイン研究所 大妻女子大学
ドレスメーカー学院 共立女子大学
バンタンデザイン研究所

レース罫線

このページの先頭へ