アパレル店員とは、ファッションコーディネーターやハウスマヌカンとも言われ、洋服や雑貨のブティック店で接客をする職業。 お店の商品管理や店舗の管理、顧客のニーズや客層に応じて、コミュニケーションや接客能力も重要になります。 商品の知識や店舗管理が重要となります。取得していると就職に有利になる資格の、ファッションビジネス能力検定、衣料管理士などもご紹介。

アパレル店員の仕事

リボンアパレル店員の仕事とは!
罫線

アパレル店員とは、洋服や雑貨を置いているブティック店で接客をする職業になります。お店の商品管理や店舗の管理までするので、ファッションコーディネーターやハウスマヌカンとも言われます。

お店では、デザイナーブランドやアパレルメーカーの既製服などいろいろな商品を扱っています。店員には、必要とする顧客のニーズや客層に対応して、コミュニケーションや接客能力が必要になります。
そして、顧客への対応、お店のショーウインドーのディスプレイや商品配列から、仕入れ・商品管理まで幅広くすることになります。そのために経験や知識も必要ですが、ファッションセンスが優れているにこしたことはありません。

キャリアが伴い店長ともなれば、店員の指導や売り上げなど必要とされる作業も増えてきます。
アパレルメーカーやブティック、百貨店や各店舗の売り場で接客がメインになる業種です。何よりも人とコミュニケーション能力や社交性が第一に必要な仕事です。

また、ほとんどが動いて立ちっぱなしの作業のために体力勝負で健康な人が適職になります。

リボンアパレル店員に向いているタイプ
罫線

ボタン人と話すのが好き

アパレル店員は接客業なので、とにかく人と話すのが好きだという人に向いています。たくさん話すことだけがいい接客というわけではありませんが、顧客のニーズを察知したり常連になってもらったりするためには、どれだけ相手から言葉や想いを引き出せたかがポイントとなります。人と話すのが苦手な人にはおすすめできない職種です。

ボタン服が好き

絶対に好きでなければならないわけではありませんが、服が好きなほうが接客も楽しくなります。ファッション業界は常に新しい情報が発信されているため、そうした最新ネタに敏感になっていることがアパレル店員にも求められます。更新スピードが早いため好きでなければ続けることは難しくなってきます。

ボタン体力がある

一日中立ちっぱなし、動きっぱなしでの接客のため、とにかく体力が必要です。セール時期には声を張り上げる可能性もありますし、忙しくなると休憩もままならない日もあるかもしれません。体力に自信がない人は、まず基礎体力をつけるように頑張ってみましょう。

ボタンセンスがいい

センスは自分ではわからないかもしれませんが、アパレル店員はそのお店に訪れる顧客の憧れの存在でなければなりません。センスは磨くことができます。今はイマイチでもきちんと勉強をすることでセンスをよくすることはできるので、センスよくなろうと努力をできることが大切です。

リボン アパレル店員に必要なこと
罫線

「信頼」

お客さまの情報を覚えておくことは、固定客を作るには需要なこと。お客さんが以前買った商品を全部把握することは、服だけなく人を覚えていることになりお客さからしても嬉しいはずです。同時にさりげないコーディネートが勧められたら信頼が得られます。

「提案力」

接客に大切なこととして、お客さまに似合うアイテムを次々提案できる力にあります。もちろん、いろんなパターンで組み合わせをして、相手好みのコーディネートをすることです。これも普段から練習をすることでセンスが磨けます。

「商品知識」

お客さまに納得させるような接客をするためには、扱う商品のことを十分に知ることが重要。半信半疑な様子で勧めても売れるどころか説得力がありません。もし、アパレル店の接客で成功したいと願うのであれば、ファッション用語などしっかり頭に入れて、尊敬されるような接客をすることでしょう。

「心理作戦」

お客さんに声をかけるタイミングは非常に大切になります。無視をされることは必ずありますから、その場合の接客率を上げるには相手の心理を読むことにあります。そのためには、動きを観察して声をかけるタイミングを計る必要があります。

リボンアパレル店員の将来性
罫線

アパレルと一口にいっても、ファストファッション店なのか高級店なのかによっても将来の進む道は変わってきます。アパレル店員としての目指す先には、店長という一国一城の主人としての存在がありますが、ファストファッションにおける店長は20代でもなれるもの。将来的にそこからどうしたいというビジョンがなければ、最終目標として設定するのには無理があります。

ファッション業界でマーケティングや企画などを手がけていきたいと思ったらアパレル店員からスタートすると現場の知識や感覚が身につくため必要な段階だといえます。また、年齢を重ねた店員がいることで安心感を与えられるような高級店であれば、アパレル店員としての人生を歩み続けることも可能です。

アパレル店員としての未来を想像するのか、ステップアップの一つとして捉えるのかで将来性は大きく変わってきます。店員として働いたその先を見据えてどこで働くのかを考えるようにすることをおすすめします。

リボン あれば有利な「スキル・技術・資格」
罫線

ボタンファッションビジネス能力検定(一般財団法人 日本ファッション教育振興協会)

目的は顧客の満足度を追求し、収益するできる人材を育成すること。ファッションに関わる造形知識や技術・流通まで判断できる検定である。


ボタンファッション能力販売検定(日本ファッション教育振興協会)

教育機関でファッション知識・ファッション販売技術、ショップ・マネジメントに関係する専門の教育を2年以上している、卒業してからショップ実務が3年程度の経験レベルがあること。
ビジネスマネジメント方針や領域や、店舗の管理・運営には、店長やマネジャーなどによって違いがある。試験は、若い管理・責任者を育成する目的で、対面接客、経営者や支援システムがあることを前提にしている。


ボタン衣料管理士(社団法人日本衣料管理協会)

ファッション製品全般のアパレル、インテリア、雑貨などに関する専門家である衣料管理士。
消費者の視点になって、生産・流通・消費の段階のアパレル製品を専門的に理解できること。そして企業と消費者間をより円滑にするもの。
試験内容は一般試験と専門試験があり、大学や短大通学することで、単位を履修すると取得することも可能。


レース罫線

「アパレル店員」になるための学校pickup

文化服装学院 文化学園大学
モード学園 杉野服飾大学
東京デザイナー学院 東京家政大学
上田安子服飾専門学校 青山ファッションカレッジ
桑沢デザイン研究所 大妻女子大学
ドレスメーカー学院 共立女子大学
バンタンデザイン研究所

レース罫線

このページの先頭へ