ファッションコーディネーターとは、ファッション店舗に勤め商品ディスプレイから販促の業務をする仕事。顧客へのアドバイスや、アパレルメーカーでの企画、時代の流行やターゲット分析も重要で、商品の企画販促に至るまで広範囲に関わります。 マーケティング、商品PR、ディスプレイなどの知識や実力が重要。また、社交性やコミュニケーション能力は不可欠です。 取得すると就職にも有利なファッションビジネス能力検定やカラーコーディネート検定などの資格も合わせてご紹介します。

ファッションコーディネーターの仕事

リボン ファッションコーディネーターの仕事とは!
罫線

ファッションコーディネーターの職業とは、主にファッション店舗に勤めることで、商品ディスプレイや販促業務に携わること。また、接客する場合はファッションアドバイスをすることや、他にはアパレルメーカーの企画までさかのぼり、その時代の流行とターゲットになる層も分析して、商品の企画販促までの作業に携わる職業になります。いずれにしてもファッションセンスの優れている人に適正があります。

企画部署などで仕事の場合、マーケティングや商品のPR、またディスプレイなどの知識や実力がある人は優遇されます。
販売職では、社交性やコミュニケーション能力が必要。ファッションコーディネーターになるために特に必要な資格はないですが、ファッションビジネス能力検定や、カラーコーディネート検定など資格を取得することで就職も有利になります。

リボン 西山栄子さん。ファッションコーディネーター(山口県生まれ)
罫線

1968年に文化服装学院デザイン科を卒業して、(財)日本ユニホームセンター入社。その後、松屋銀座に入社。
当時は珍しいデパートで初めてのファッションコーディネーターになりました。

主に実際に消費者と接した経験を積むことで、消費者独自のファッションに関係する動きを知り、そのコーディネーターとしての基礎を作られました。その後、ファッションオフィスを設立。

毎年、パリ・ミラノ・ニューヨーク・東京コレクションが春・秋に開催されますが、西山さんは必ず現地に行き、当時でさえ膨大な量の情報を集めています。
パソコンなどない時代に大変なことだったはずです。女性ならではのファッションを通して、トレンドとライフスタイル視点で分析をすることをしました。

下調べと実績が伴ったデータなので、提案するファッション情報にもしっかりとした厚みと実感がありました。
また、誰にでも理解しやすいように社会情報や経済との関係を一緒に解釈していくファッション評論が、世の中からも非常に高評判になり、雑誌・講演、テレビなどに出演し幅広く活躍をされていました。

「今日からはじめる 大人のおしゃれ」という分りやすいファッションの著書があります。
ファッションのセミナーでは、年齢層に関係なく講聴する人も多く人気があります。

リボン あれば有利な「スキル・技術・資格」
罫線

ファッションコーディネーターファッションビジネス能力検定

ファッション商品の企画・生産・流通についてトータルの流れを理解することが必要。ファッションのビジネス知識や専門知識、また扱う商品に関する知識と、それらに関わるスキルについて認定する民間の検定試験。

ファッションコーディネーターカラーコーディネーター検定

世相が流行色に反映することや、商品やデザイン色によって大ヒットが生まれるなど、色彩が文化、その時代の流れに与える影響が非常に大きい場合がある。
会社や自宅の中で、お店やショーウィンドー、雑誌やテレビ、インターネットなどで常に溢れている色彩たち。色彩の持つ性質や特性、そして色彩の知識を得ることで、ビジネスにも役立つ色彩感覚や知識を得ることが可能なのがカラーコーディネーター検定試験である。


ファッションコーディネーターファッション販売能力検定

店舗の管理や運営には、店長、マネジャーなどが中心になるが、ビジネスモデルによりマネジメント方針と領域などに違いがある。
ファッション商品を販売する百貨店や量販店、専門店などの現場では、主に若い管理者と責任者を育成する目的より、対面式の接客販売や経営者、支援システムがある店舗なことを前提にしている。
資格としては学校などでファッション知識ないしファッション販売技術、またはショップとマネジメントに関係する専門教育が2年以上あること。その卒業後に3年程度のショップ実務経験レベル。


レース罫線

「ファッションコーディネーター」になるための学校pickup

文化服装学院 文化学園大学
モード学園 杉野服飾大学
東京デザイナー学院 東京家政大学
上田安子服飾専門学校 青山ファッションカレッジ
桑沢デザイン研究所 大妻女子大学
ドレスメーカー学院 共立女子大学
バンタンデザイン研究所

文化学園大学の評判・口コミ

文化学園大学は50年近くの歴史があり、女子の入学が多い学校。選択できる学部コースは、現代文化部・造形学部・服装学部。その中の服装学部では、造形学科と社会学科がある。造形では、服作りの企画やデザインなど、社会学科は社会学や経済学、歴史学などの視点重視で総合な勉強をする。就職も70%以上ありアパレル業界が7割占めている。また、大学では多くの資格取得が可能なので特典でもある。

文化服装学院評判ガイド

杉野服飾大学の評判・口コミ

杉野服飾大学では1・2年次に服飾学部の基本となる、実験・実技・実習・演習・講義と今後の基盤ともなる授業がされる。2年次で専門的な3領域7コースより選択をしてより深い専門課程を学ぶことになる。そして就職率が非常に高いことも学生にとっては信頼できる要因。多くの選択課程よりアパレル、インナー、ブライダル、テキスタイル、プロダクト、手芸用品、スタイリスト・コスチューム、繊維・製造関係の就職も可能。

杉野服飾大学評判ガイド

東京家政大学の評判・口コミ

東京家政大学では1・2年目で人間教育科目と、3年次への基盤となるベース作り、4年目にそれぞれのテーマに基づいて卒業作品を造り始める。また、大きなメリットとして、各専門分野の教諭の資格が取れるもので、他にも資格がある。その一部として管理栄養士の国家試験の合格率も非常に高い。よって、しっかり自分のやりたい目標を持つことで、自分が行きたい学科も分かるので、自立に近づける大学である。その結果として就職率も高い学校である。

東京家政大学評判ガイド

大妻女子大学の評判・口コミ

杉野服飾大学では1・2年次に服飾学部の基本となる、実験・実技・実習・演習・講義と今後の基盤ともなる授業がされる。2年次で専門的な3領域7コースより選択をしてより深い専門課程を学ぶことになる。そして就職率が非常に高いことも学生にとっては信頼できる要因。多くの選択課程よりアパレル、インナー、ブライダル、テキスタイル、プロダクト、手芸用品、スタイリスト・コスチューム、繊維・製造関係の就職も可能。

大妻女子大学評判ガイド

共立女子大学の評判・口コミ

この共立女子大学の体験談から、就活の相談も大切なことで色々なサポートをしてくれる。その就職にも重要になる小学校・中学校・高等学校教諭、認定心理士、管理栄養士、食品衛生管理者、フードスペシャリスト、衣料管理士など多数の資格があるのでしっかり取得すること。また、英語など言葉を習いたい、海外の生活に興味があり留学を考えている人にも頼もしい学校である。図書の本は雑誌なども含め非常に多く、ネットから検索・予約ができて充実している。

共立女子大学評判ガイド

レース罫線

リボン ファッション・アパレル業界の職業

罫線

ファッションコーディネーターファッションデザイナーに必要なスキル

ファッション職種関係では人気があるファッションデザイナー。洋服や靴、バッグなどの服飾に関するもののデザインする人。デザインをするだけでなく、常にヒット商品を生み出していくアイディアやセンスを必要とする職業となります。デザインには欠かせないファッションセンスとデッサン力、情報収集能力が必要。真剣にプロになりたいのなら、生地や型紙、縫製知識も重要なポイントになります。

リンクイメージファッションデザイナーの仕事はこちら

ファッションコーディネーターファッションスタイリストに必要なスキル

スタイリストの仕事とは、服装やくつ、アクセサリーまでトータルでコーディネートし提供をする職業。その仕事の範囲は非常に広く、雑誌・テレビ・CM・映画などの撮影から、ショー・ステージなど、またはお店丸ごとコーディネートする場合もあります。ほとんどのスタイリストはアシスタントとして仕事を手伝いながら、仕事を覚えていきます。2~3年後に独立し、事務所所属かフリーで独立の2つの道があります。ファッションの知識やデザイン・服飾の技術があれば有利になるでしょう。

リンクイメージファッションスタイリストの仕事はこちら

ファッションコーディネーターファッションアドバイザーに必要なスキル

ファッションアドバイザーとは、服飾や雑貨の販売をする職業ですが、単に商品を売るというだけではありません。顧客の様々な要求に合わせた品物を選ぶことでトータルファッションの提案などをすることも必要です。顧客の望むような商品を選び提供するためには、服飾の知識・技術、顧客とのコミュニケーション力は必要になります。流行や商品の知識、商品管理や販売促進の専門的な知識も要求される場合が多くなります。

リンクイメージファッションアドバイザーの仕事はこちら

ファッションコーディネーターパタンナーに必要なスキル

アパレル業界でもなりたい職種で人気があるパタンナー職は、デザイナーが描いた通りのイデザイン画を中心に、そのイメージのままの服を作るためにパターンメーキング(型紙)を制作する職業。パタンナーは高い専門的技術と実務経験が必要になります。デザイナーの描いたデザイン画のイメージを元にして、丁寧な型紙が制作できることと、服の企画コンセプトから外れない能力が必要です。服飾の専門知識、製図(平面図)、ドレーピング(立面図)、生地や素材、縫製や裁断など幅広い知識やセンスが必要になります。

リンクイメージパタンナーの仕事はこちら

ファッションコーディネーターファッションコーディネーターに必要なスキル

ファッションコーディネーターは、ファッション店舗に勤め商品ディスプレイから販促の業務をすることです。もちろん、顧客に接客してアドバイスや、アパレルメーカーで企画、時代の流行やターゲット分析も重要で、商品の企画販促に至るまで広範囲に関わる職業です。マーケティング、商品PR、ディスプレイなどの知識や実力が重要になります。販売の場合は、社交性やコミュニケーション能力が必要。ファッションビジネス能力検定やカラーコーディネート検定など資格取得すると就職にも有利です。

ファッションコーディネーターファッションリフォーマーに必要なスキル

ファッションリフォーマーの仕事は、既製服や小物などデザインを変えたりして新たに再利用、リフォームする仕事。サイズが合わない服、洋服のデザインをするために縫製技術やデザイン、流行をしっかりつかめる人ででもあります。リフォーマーの仕事は、縫製技術だけでなくデザイン力や生地の性質、顧客との接客をするためのコミュニケーション力も大切になります。

リンクイメージファッションリフォーマーの仕事はこちら

ファッションコーディネーターアパレル店員に必要なスキル

アパレル店員とは、ファッションコーディネーターやハウスマヌカンとも言われ、洋服や雑貨のブティック店で接客をする職業。お店の商品管理や店舗の管理、顧客のニーズや客層に応じて、コミュニケーションや接客能力も重要になります。商品の知識や店舗管理が重要となります。取得していると就職に有利になる資格には、ファッションビジネス能力検定、衣料管理士などがあります。

リンクイメージアパレル店員の仕事はこちら

ファッションコーディネーターシューフィッターに必要なスキル

シューフィッターの仕事は、顧客のくつを選ぶ仕事です。くつ専門店、百貨店などの売り場ですが、既成のくつは顧客の足にフィットしない場合があり、その微調整をして納得できるくつを探すプロです。シューフィッターになるには、くつの知識など知る必要があります。また、必要になる資格が初級・中級・修士があります。

リンクイメージシューフィッターの仕事はこちら

このページの先頭へ