アパレル業界で人気のパタンナーは、デザイナーが描いた通りのイデザイン画を中心に、そのイメージのままの服を作るためにパターンメーキング(型紙)を制作する職業です。 デザイナーの描いたデザイン画のイメージを元にして、丁寧な型紙が制作でき、服の企画コンセプトから外れないことが重要とされます。 服飾の専門知識、製図(平面図)、ドレーピング(立面図)、生地や素材、縫製や裁断など幅広い知識やセンス、確かな技術力が必要となります。

パタンナーの仕事

リボン パタンナーの仕事とは!
罫線

デザイナーが描いたデザイン画を元に、実際の寸法を入れたパターン(型紙)を制作する仕事です。デザイナー自身がパターンをおこすケースもありますが、専任のパタンナーがついていて仕事が細分化されていることも多いため、デザインはしないが服を作る仕事に就きたいという人が目指す道の一つです。

パタンナーの担っている仕事のもっとも重要なポイントは、平面に書かれたデザインを立体化するところにあります。デザイナーのイメージする通りに立体化しなければならないため、高い専門知識はもちろんパターンの精度の高さ、デザイナーがどんな服に仕上げたいのかを考えながら形にしていく想像力も豊かでなくてはなりません。

いくら素晴らしいデザインをしてもパターンが悪ければいい服にはなりませんし、反対にそこそこのデザインであってもパターンによってはいい服に仕上がる可能性もあります。

しかし、デザイナーに「イメージしたものと違う」と言われてしまえば作り直しになってしまう一面もあるため、忍耐力も必要です。また、どんなに頑張っても、表に代々的に出るのはデザイナーです。パタンナーのネームもタグに表示されることも稀にありますが、よほどのブランド力のあるパタンナーでない限りなかなか出ることはありません。

消費者にはあまり馴染みのない地味な仕事ととらえられがちですが、実は服作りにおいて重要なポジションに立っているのがパタンナーなのです。「最終的な商品のイイ悪いはパタンナーの技量次第」とも言われるほどアパレル業界では重視される職種でもあります。

そのために、パタンナーは高い専門的な技術と実務経験、そして感性が必要になります。生地のカット方法、縫製のやり方など各専門知識を駆使する必要があるからです。フラットパターンメーキング(平面製図法)とドレーピング(立体裁断法)の2種類の技術と型紙を起こしてシルエットを作るためのソーイング(縫製)スキルを習熟することが優秀なパタンナーになるための条件だと言われています。

近年では、立体化したイメージ図を作ることができるパソコンのソフト(CAD)が活用されてきたことに伴いパタンナーの職業も、CADの知識が必要になっています。技術やセンスに加えて、CADスキルも重視されつつあり、ますます狭き門となっている職種です。

リボン パタンナーの仕事「製品化されるまでのパターン作成の流れ」
罫線

ボタン協調性のある人

パタンナーは職人気質な人よりも、協調性がある人のほうが向いています。実際に手がける仕事は職人技が必要なことばかりなのですが、基本的にデザイナーとそれ以外の人との間に立っていろいろな作業を進めていくことも多いため、協調性がなければやっていけない職業です。

ボタン細かい仕事や数字が好き

パタンナーは華やかなアパレル業界のなかでも、仕事の内容は細かく地味で計算を積みながら形にしていかなければならない職種です。それぞれのパーツ毎に細かく計算して立体化するのはもちろん、それらを組み合わせたときの形や着心地まで考えて作り上げなければならないため、細やかな気配りも必要です。

ボタン服の構造自体に興味がある

服のデザインよりも形が気になるという人はデザイナーよりもパタンナー向きの人だといえます。どうやってあの形を維持しているのだろう、どうしたらキレイなラインが出るのだろう、と服の構造に興味をもっているならパタンナーを目指すとその答えを見つけることができるはずです。

ボタン他人の意見を受け入れられる柔軟性

パタンナーは自分の意見をもつことはもちろん大切ではありますが、始めにデザイナーとデザインありきのものをパターンにおこしていく仕事です。渾身の出来でも、デザイナーの「違う」の一言で無になってしまうこともあります。他人の意見を素直に受け入れられる柔軟性はパタンナーとして最重要ポイントだといえるかもしれませんね。

リボン パタンナーの仕事「製品化されるまでのパターン作成の流れ」
罫線

パタンナーの仕事の流れは、まずデザイン画から型紙「ファーストパターン」を作ります。会社によっては決まった人が行ったり、外注に出すこともあるようです。そして、ファーストパターンを元にして仮縫いをするか、ピンを打ってパターンを形にして調整します。

トワルチェックは、布帛ではシーチングで、ニット製品ならニット生地を使用します。それでも実際の形状が分かりにくい場合は、実際に商品の生地を使用します。出来上がったものを見てデザイナーさんと修正などのチェックし、修正がある場合は直します。

型紙を修正したあとに、生地で縫うための型紙制作をし、縫製の仕様行程を考え、縫い代をして、そして縫い方の記載をしていきます。サンプル用の一人裁ちの必要な尺だしもパタンナーが行い、サンプルパターン制作になります。

その後、出来上がったサンプルが指示されたように縫われているかのチェックをして、企画会議などで、デザイン変更と縫製仕様の変更などが検討修正されます。もちろん、展示館が終わったあとにも再度のチェックがされます。量産の場合は、何度も検討と修正がされて決定します。

リボン パタンナーとして有利な資格
罫線

ボタンパターンメーキング技術検定試験(社団法人日本ファッション教育振興協会)

パターンメーキングに必要な型紙作成の知識・技術、ファッション技術能力や理解度を判断する。
パタンナーは、デザイナーがイメージしたデザイン画を元に型紙を制作するスペシャリスト。

対象者は3級、服飾・ファッション専門学校で1年~2年間ファッション造形知識・技術とパターンメーキング教育を受けたもの。1級はパターンメーキング技術の専門課程が必要。また、アパレル企業でパターンメーキング実務経験が5~6年経験。


ボタンCAD利用技術者検定(社団法人コンピュータソフトウェア協会)

CAD利用技術検定はCADシステムを利用することで、被服の製図を作成するための技術・知識を判断するための試験。筆記試験に合格することで資格が取得可能


ボタン洋裁技術検定(日本ファッション教育振興協会)

洋裁の知識や技術を身に付け、学んだ知識と技術を基準にして、各能力を社会に活躍するために判断する検定で初級、中級、上級がある。


ボタン技能士

技能士には各都道府県が実施する試験で、染色技能士やニット製品製造、婦人・紳士服製造・和裁技能士などがある。


ボタンファッションビジネス能力検定(財団法人 日本ファッション教育振興協会)

レース罫線

「パタンナー」になるための学校pickup

文化服装学院 文化学園大学
モード学園 杉野服飾大学
東京デザイナー学院 東京家政大学
上田安子服飾専門学校 青山ファッションカレッジ
桑沢デザイン研究所 大妻女子大学
ドレスメーカー学院 共立女子大学
バンタンデザイン研究所

レース罫線

このページの先頭へ