スタイリストとは、服装やくつ、アクセサリーまでトータルでコーディネートし提供をする仕事です。 その仕事の範囲は非常に広く、雑誌・テレビ・CM・映画などの撮影から、ショー・ステージなど、またはお店丸ごとコーディネートする場合もあるので、ファッションの知識やデザイン・服飾の技術など、幅広い知識があれば有利になるといえます。

スタイリストの仕事

リボン ファッションスタイリストの仕事とは!
罫線

ファッションスタイリストとは、服や靴・アクセサリーから髪型まで全身をトータルコーディネートする職業です。

その活動範囲は広く、ファッション雑誌・テレビ・CM・映画などの撮影、ファッションショーやステージなど多岐に渡ります。俳優やアーティスト、モデルはもちろん、タレント・アナウンサー、時には企業の社長などのファッションコーディネートを手がけることもあります。

仕事を請け負うときには、スタイリングの目的やテレビ番組やファッションショーなどの全体の雰囲気、他の出演者との兼ね合など総合的なバランスも考えて、担当のスタッフと打ち合わせをしながらイメージ作りをしていきます。

商品はアパレルメーカーから借りてきて、タグを丁寧に外してからアイロンをかけて準備しておきます。使用したあとはまたタグをつけてアイロンをかけ、元の状態に戻してから返却します。ショップに何度も足を運ぶことも必要な仕事になるため、体力勝負の職業だともいわれています。

ファッションスタイリストとして一人前になるためには、アシスタントとして業界で活躍しているスタイリストの下につくところからスタートします。徹夜作業はざらで2週間家に帰れないということも日常的に起こるような現場を経てからスタイリストとして独立することができます。

駆けずり回す日々の中、何人ものアシスタントが辞めていくそうです。8割が数ヶ月以内に辞めてしまうほど過酷な実態に、憧れだけでは続けられないという現実。華やかに見えるスタイリストという職業ですが、地道な作業の連続に眠れない日々という地味な面も持ち合わせています。

アシスタントの仕事は表にはでないため相当の覚悟と「絶対にスタイリストになる」という強い意思をもった人が生き残っていく世界だということを頭に叩き込んでから飛び込んでいくことをオススメします。

実際にスタイリストになってからは、商品やアイテム選びに自身の経験やセンスも必要です。

事務所所属のファッションスタイリスト

事務所に所属していると事務所の営業担当者が仕事をもらってきてくれるメリットがあります。自分で営業をかける必要がないため、スタイリストとしての仕事に集中することができます。

また、手がける内容も多岐にわたるためスタイリストとして偏りが出ずバランスよく仕事ができます。TV・CM・広告・デパートのカタログ・ファッション雑誌などのコーディネートが主な仕事となるケースが多いようです。

ほとんどのスタイリストは、最初アシスタントとしてアパレル業界に入り、数年後、一人前になります。後々事務所所属のスタイリストを目指したいなら、アシスタントになるときに事務所所属のスタイリストの下につくようにしましょう。

のちのちフリーランスを目指す場合でも、事務所に所属して安定的に仕事をこなすことで徐々に人との繋がりもできていくため、スタイリストとして数年働いたあとで独立して仕事をする人もたくさんいます。

デメリットとしては、事務所の方針や提携アパレルのものしか使えなかったり事務所としての序列に惑わされたり可能性があるという点です。自由度はフリーランスよりも少なくなるのはすべての業界に通じるものがあります。

リボン ファッション雑誌で売れっ子「スタイリスト」伊賀大介
罫線

アシスタントとして仕事を初めて、数年後にファッションスタイリストとして一人前になるなか、事務所に所属しない道をとるとフリーランスのスタイリストとなります。事務所所属と仕事内容は変わりませんが、フリーの場合、自分自身で仕事を探す大変さがあり、事務的な作業も必要になります。

ファッション関係事務所に数年所属して、横のつながりを増やしてから独立するパターンがもっとも多く、モデルや俳優など「この人でなきゃ」と思ってもらい個別契約ができるようになるとフリーランスになってからも仕事が途切れることなく成功への第一歩となります。

リボン ファッション雑誌で売れっ子「スタイリスト」伊賀大介
罫線

1977年生まれ東京都出身。イケメンスタイリストとして知られている一方、プライベートでは2007年に女優麻生久美子と結婚。1女をもうけ、業界内では育メンの愛妻家として有名だとか。

1996年、トレンドにとらわれない独自のスタイルを貫いている熊谷隆志氏に弟子入りする。3年間の厳しい修業期間の末スタイリストとして独立。band事務所に所属し、ファッション誌MEN’SNON-NOやsmartなどの他、CM・映画などに出演する俳優を担当する。東京事変や、くるりといった歌手からお笑い芸人のラーメンズなど幅の広いジャンルのスタイリングを手がけている。

19歳のときから熊谷隆志のアシスタントを始めたが、当時は車の免許はなかったため熊谷氏本人が運転していたという逸話をもっている。仕事ぶりが優秀だったため、免許がないことを免除してもらっていたとか。そんな車中は家よりも居心地よかったようで、物の配置を決め車中心の生活をしていたこともあったほど。メモ魔でポストイット愛好家でもあり、車の中に全て貼って、1カ月300枚ほど利用していたという話もある。

スタイリストを目指すきっかけは10代の頃。マンガやファッション雑誌が好きで、こういうのを作る仕事ってどんなだろうって思ったことからその道を進むことに。服だけでなく、雑誌や音楽、そして映画など多くのものが関係してファッションのことが好きになり、現在のスタイリストとしての伊賀大介が生まれたのだそうです。

リボン 「ファッションスタイリスト」あれば有利な「スキル・技術・資格」
罫線

ボタンファッションスタイリング検定対策講座(一般社団法人日本ファッションスタイリスト協会)

ファッションスタイリングに関する知識と技能、協会のスタイリングメソッドに関わる内容を習得する認定試験。
今までにスタイリング技術を評価する資格や基準はなかったが、ファッションスタイリング検定によりF.S.Aの独自に開発したメソッドの基本により、3~1級にレベルを分類認定。


ボタンファッションビジネス能力検定(一般財団法人 日本ファッション教育振興協会)

ファッションビジネスに関わる知識や能力を判断する検定試験。内容は、ファッション販売知識やファッション・マーケティング知識、販売業務など。ファッション販売技術、店舗演出、VP展開、商品知識などの知識がトータルで問われる検定。


ボタンファッションカラーコーディネーター検定試験(社団法人全国服飾教育者連合会)

ファッションカラー色彩の知識・技能を問う試験は、一般的に色彩検定とも言われて、1級~3級まで。「ファッションカラーコーディネーター検定試験」→「ファッションコーディネート色彩能力検定」と名称が変更。受験資格は特になく誰でも受験可能。

レース罫線

「ファッションスタイリスト」になるための学校pickup

文化服装学院 文化学園大学
モード学園 杉野服飾大学
東京デザイナー学院 東京家政大学
上田安子服飾専門学校 青山ファッションカレッジ
桑沢デザイン研究所 大妻女子大学
ドレスメーカー学院 共立女子大学
バンタンデザイン研究所

レース罫線

このページの先頭へ