アニエスベーサンライズのバイヤーという仕事とは

アニエスベーサンライズ:バイヤーとしての仕事内容

アニエスベーサンライズのバイヤーの仕事の内容は、市場分析、商品買い付けおよび企画清算、商品ライフサイクルマネージメント、シーズン別、アイテム別のモデルプラン立案、流通戦略の立案、価格戦略の立案、予算達成管理、進捗管理など、日本の生産管理からセールス、本国に対する企画立案のまでの全てです。

アニエスベーサンライズのバイヤーとして、コミュニケーションを取り、信頼を築き、人を動かしていくやりがいのある仕事です。

アニエスベーサンライズ:バイヤーとしての一連の仕事の流れ

アニエスベーサンライズのバイヤーの仕事の流れは、まず買い付けから始まります。買い付けをすることで、市場の流行の流れを読み、分析することができるようになります。

また、自分が買い付けをした商品の販売方法を企画し、実際の店舗に落としこみます。当然、シーズンや品物によって売り込み方は変わりますので、自分の身に付けてきたセンスやアイディアが試されます。能力が認められれば、本国への商品の企画立案なども行っていくこととなります。

分析力:バイヤーとして取得しておきたい技術・資格

バイヤー職というのは、様々な分野で存在し、小売店等の中核の職種となっています。基本的には、バイヤーが商品を仕入れてその商品を販売員や営業マンが消費者や企業等に販売するといった流れになります。

しかし、ただ単に商品を仕入れるだけでは消費者ニーズとかけ離れた商品の仕入れをしてしまう事が多々あります。そこには、的確な消費者ニーズや仕入れのボリューム、そして仕入れ時期などの分析力が必要となります。その分析力によって利益を生み出し、会社の反映へとつなげていくのです。

そこでバイヤーして取得しておきたい資格というのは限定的ではなく、資格というよりもその分野での専門知識や、経験が必要となってきます。

近年では海外からの仕入れも多分にありますので、あえて言うのであれば商業英語の資格を取っておいたほうが良いでしょう。それプラス、交渉力や判断力そしてセンス等を含めた分析力が必要となってくるのです。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ