アイアのパタンナーという仕事についての情報

アイア:パタンナーとしての仕事内容

パタンナーとは、ファッションデザイナーが手掛けたデザイン画を型紙に起こす仕事のことです。「型紙に起こす」とはデザイン画を立体化させることで、後の服飾作業に大きな影響をおよぼすものとなります。

パタンナーの求人にはアイアだけでなく、数多くの企業から募集されています。仕事内容は緻密なもので、正確さや器用さなどが要求されますが、洋服を手掛けた達成感は何ものにも代え難いものとして、多くの志願者が募ることで知られている職種になります。

アイア:パタンナーとしての一連の仕事の流れ

アイアでのパタンナーを希望される件に関しては、実務経験を兼ねた方を優先に採用を検討しています。業務の内容には、新ブランドを立ち上げるにあたって、仕様書などの作成をお願いすることになります。

また、デザイナーとの連携を生かした対話力が強く求められ、より良い製品の制作に力を注いでいます。

他にも、パタンナーとして手掛ける際には、CADのソフトを使いこなす必要があります。最終的には、新ブランドの屋台骨を支えるキーパーソンとして活躍されるため、才能をいかんなく発揮した仕事に就くことになります。

フリーランス:パタンナーとして取得しておきたい技術・資格

パタンナーとして働く上で、特に有利な資格は『パターンメイキング技術検定』やPCを使ってパターンを作成する事が多くなっている事から『CAD利用技術者検定』を取得すると就職には有利です。

しかしフリーランスとして働く場合には、資格をもっているだけでなく、技術や知識の他に経験も重要なスキルになってきます。競争もある職種なので、オリジナリティのある幅広いジャンルをこなす必要があります。

『洋裁技術検定』など実務に直接結びつく知識や、技術を必要とする資格はパタンナーとして仕事をするためには役に立つ資格です。『ファッションビジネス能力検定』は、業界のビジネスを学ぶ事で独立して仕事をする場合には大いに役立つ資格になります。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ