ビスケーのパタンナーとしの重要なポイント

ビスケー:パタンナーとしての仕事内容

株式会社ビスケーでは、BC ami premというブランドを持っています。単にブランドを発展させるのではなく、若返らせようとしているところです。そのため、パタンナーには新たなパターンの作成をすることが求められます。

株式会社ビスケーは、クオリティーの高さが魅力ですが、今後はターゲットを若い女性にしたブランドへと変化させていきます。パターンの中でも、とりわけ横編みのパターンを作成できるパタンナーが重要です。

ビスケー:パタンナーとしての一連の仕事の流れ

株式会社ビスケーは、ブランドのターゲットを変えようとしています。以前から、高いクオリティーが評価されてきたわけですが、そのクオリティーは維持しながら、若い女性をターゲットとして定めます。これまでとは違ったパターンを作成するパタンナーを求めているのです。

パターンの作成には、市場を分析する力と、発想力が必要です。株式会社ビスケーでのパターン作成は、新たな取り組みになるため、大変さを伴いますがパタンナーとして充実した仕事ができます。

CAD:パタンナーとして取得しておきたい技術・資格

パタンナーを目指す上で必須の資格はありませんが、よく求められる資格として近年PCを使用してパターンを作製することも多くなったため、CAD(コンピュータによる設計支援システム)に関する資格として、(社)コンピュータソフトウェア協会の主催する「CAD利用技術者検定」などがあります。

CADシステムを利用して設計図などを作製するための技術と知識を審査する試験で、3D、2D、基礎の3種類にわかれており、2D、3Dはそれぞれ建築部門と機械部門に分かれています。

利用技術者基礎検定ではIBT試験といって、インターネットに接続されたPC環境での試験です。試験実施期間なら自宅やカフェなどインターネット環境さえあれば手軽に試験を受けることができます。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ