クレヨンのパタンナーという仕事についての情報

クレヨン:パタンナーとしての仕事内容

クレヨンでのパタンナーは特に実務経験を重要視されます。重衣料を含むオールアイテム対応できる方であり東レクレアコンポが使用できることが必須になっているからです。

また、重衣料などを含むあらゆる仕事が任される仕事です。Lois CRAYONという1972年以来の歴史あるブランドのフィロソフィーみたいなものを感じ取り反映できることを表現する必要が出てきそうです。採用面接の面談の回答でそうしたことをきっと求められるはずです。

クレヨン:パタンナーとしての一連の仕事の流れ

クレヨンの会社ではLois CRAYONという1972年以来の歴史あるブランドを扱います。特有の企業風土をよく会社の先輩から感じ取って、反映できるための前提知識を学べる人になることが前提です。

そうした上でデザイナーと打ち合わせてパタンナーとしてデザイナーの意図を汲み取りパターンを作成する流れになります。一言で書くと仕事の内容としてはLois CRAYONを手がけるデザイナーのデザインをパターンにして、生産できる形にするための仕事です。

和裁技術:パタンナーとして取得しておきたい技術・資格

パタンナーとして、さまざまな服を作ることになるようでしたら、必要な技術としてまず洋裁技術を取得されていると思います。

というのも、この世界にい入る時点で、ミシンであれ洋裁であれ、そういうことに携わっている方が非常に多いのです。そこから次のステップに進みたいということでパタンナーという職を選んだりするのです。

しかし、ここでもう一つ必要なものがあります。それは和裁技術です。なかなか洋裁はやっていたけれど和裁となると一気に経験者が減ってしまいます。

ですから、和裁技術というのもパタンナーを行っていく以上は必要な技術となりますので、取得、練習をしておくといいでしょう。洋服だけとは限らないからです。また幅が広がります。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ