ディーゼルジャパンのバイヤーという仕事とは

ディーゼルジャパン:バイヤーとしての仕事内容

日本のアメカジファッションブランドとして長年人気を博している、ディーゼルジャパンがバイヤー職の募集をしています。

世界80カ国に展開しているブランドであり、ディーゼルジャパンでのこの様な職種とは非常に魅力のある業務で、グローバルに活躍出来る可能性を秘めています。バイヤーとしてイタリアへの海外出張のチャンスがあり、日本のマーケットをふまえた上でこういったアイテムが欲しい等の情報を提供し交渉する事も重要である。

ディーゼルジャパン:バイヤーとしての一連の仕事の流れ

具体的な業務内容としては、バイヤーから他国との交渉、店舗スタッフへの商品説明を行う等ブランドと店舗をつなぐ非常に重要なポジションです。日本のマーケットをしっかりと把握した上で、必要なアイテムを選抜し日本のマーケットへ展開して行かなければ行けません。

そして、ブランドイメージや各アイテムを店舗スタッフへ落とし込む事も重要であり、アイテム展開をプレゼンテーション出来なければいけません。そんなディーゼルジャパンでのバイヤーとしての業務はグローバルに活躍出来るフィールドが待っています。

商品知識:バイヤーとして取得しておきたい技術・資格

どのような品を扱っている場合であれ、バイヤーとは商品の買い付けを行う人なわけですから、当然に扱っている商品に関する商品知識というものが必須のものとなります。

その商品知識がなければ、バイヤーが商品の買い付けでいくつもの問屋との交渉を行う際にも、その商品の特徴やその流通に関する事情というものを活用して、上手く値下げ交渉を行うことはできないからです。

このために、バイヤーはその扱っている商品に関して日頃からいろいろと調べておいて、商品知識を貯えておく必要があるわけです。

このようにして、その商品に関する様々な角度からの豊富な知識があれば、問屋と価格交渉をする際にも、その知識で相手を圧倒してしまうことで、卸売り価格を下げさせることができるわけなのです。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ