イッツデモのMDという仕事に関しての情報

イッツデモ:MDとしての仕事内容

イッツデモでは、さまざまな商品を取り扱っていますが、業務推進のために、MDに求められる役割が重要になっています。商品を適切に管理し、売り上げ管理・売り上げ推移の予測・商品の確保といった、あらゆる業務に関わっていきます。

イッツデモで働くMDは、広い視野を持って行動するフットワークの軽さ、数値やデータを分析するスキルが必要です。しっかりとブランドについて理解することで、お客様の利益につなげていくのです。

イッツデモ:MDとしての一連の仕事の流れ

イッツデモは、日々の販売活動を充実させるために、有能なMDを必要としています。売り上げ管理・商品管理が基本的な業務となりますが、それ以外にも市場の分析なども行っていきます。しっかりと売り上げの推移を予測することで、適切な商品確保や企画への反映をするのです。

イッツデモのMDは、適切に数値・データを分析する能力を身につけなければなりません。お客様のニーズに応えるために、市場の状況を把握することが重要なのです。

マネージメント力:MDとして取得しておきたい技術・資格

アパレル分野のバイイング、商品企画のプロデューサーを担うMD(マーチャンダイザー)に求められる要素は多様です。市場リサーチ→企画立案→製作→販売と一連の工程において各専門領域の知識や経験はもとより、優れたマネージメント力も有していなければなりません。

各専門領域の知識や技術に纏わる資格としてはファッションデザイナー関連の資格があります。例えば、洋裁技術認定、カラーコーディネーター検定試験、ファッションビジネス能力検定、ファッション販売能力検定などです。

またバイイングのプロということはコミュニケーション能力も必要です。場合によっては、海外担当者との打ち合わせなどもありますから語学力が求められるケースもあるでしょう。資格としては、やはりTOEIC750点以上のレベルが基準となっている場合が多いです。

また各々の工程を管理すべく当然ながら相応のPCスキルも求められます(MOSなど)。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ