ロンシャンの店舗経営での仕事に関しての情報

ロンシャン:店舗経営としての仕事内容

ロンシャンは、パリで生まれた老舗の皮製品を取り扱っているラグジュアリーブランドになります。店舗経営としての仕事内容は、入社から1年間定期的に研修を行っていて、おもてなしの心を磨きます。メイクアップの研修もあり、接客や販売・商品ディスプレイなどが主な仕事内容になります。

トータルビューティーの提案をしていく仕事で、ステップアップのチャンスもあり、ストアーマネージャーになることもできます。

ロンシャン:店舗経営としての一連の仕事の流れ

ロンシャンの店舗経営としての仕事内容は、入社後にベーシックトレーニングや店舗での実践研修などを行い接客のスキルを磨きます。

入社半年後にはさらなる成長を目指してフォローアップトレーニングを実施します。そして1年後ブランドトレーニングを行い、接客のこころを磨きます。キャリアアップも可能で、マーチャンダイザーやヴィジュアルマーチャンダイザーを目指すことができ、途中で準正社員や正社員になれるチャンスもあります。

管理会計知識:店舗経営として取得しておきたい技術・資格

店舗経営をするなら、管理会計知識をみにつける必要があります。ちゃんと儲かっているか、どこが効率的でないか、どの程度儲かっているか、どの商品が利益率が高いなどを知るには、必須の知識となるからです。管理会計知識は簿記や会計の知識の他に数学的な思考ができることが大切です。

簿記や会計だけでも大変と感じるのに、さらに数学まで加わる。となると、苦手と思う人も多いでしょうが、店舗経営では避けては通れないもので、大切なことなのです。

また、会計や数学的な思考が必要となると言っても、難しい部分ではありません。簿記や数学の基礎だけが必要となるだけですから、恐れることはないのです。毎日やっていれば力がつくので心配は不要です。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ