マイケル・コースの店舗経営で行なっている仕事とは

マイケル・コース:店舗経営としての仕事内容

マイケル・コースは、ニューヨーク出身のマイケル・コースが立ち上げたアパレルブランドになります。コンセプトは30歳が理想の年齢になっているので、ターゲットは18歳から45歳に設定しています。

店舗経営としての仕事の流れは、店頭での接客・販売・顧客管理・商品ディスプレイ・商品管理・予算や売り上げの管理・スタッフの人材の育成・スタッフの勤怠管理が主な仕事の内容になります。お客さんとのコミニュケーション能力が必要となります。

マイケル・コース:店舗経営としての一連の仕事の流れ

マイケル・コースの店舗経営としての仕事内容は、スタッフは接客・販売業務・ディスプレイなどが主な仕事になります。接客ができるレベルの英語の能力が必要で、お客様に最適な提案をしていくことが求められます。在庫管理なども主な仕事になります。

ラグジュアリーブランドでの販売経験がある方が求められています。マイケル・コースは、服35パーセント・バック30パーセント・靴や小物35パーセント位の割合で商品を取り扱っています。

顧客情報分析:店舗経営として取得しておきたい技術・資格

どんな業種であっても、店舗経営を行っていくのに不可欠であるものが、来店して商品を買ってくれるお客に関する顧客情報分析です。

お客様には様々な人がいるわけで、その好みもまた買い物のパターンもまちまちですから、しっかりした顧客情報分析を行って、そのお客様の一人一人について好みや買い物のパターンを知っておくことが、店舗経営には欠かせないものとなるのです。

顧客情報分析をしっかりと行うことで、お客様のパターンなどがわかってくれば、店の側でもそれに合わせた商品の品揃えや販売方法をとれ、よりお客の満足度を高めることができることになり、しいては店の売上向上につながって行くことになるからです。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ