ミセスブランドで重要なパタンナーについての情報

ミセスブランド:パタンナーとしての仕事内容

ミセスブランドは、ものづくりを大切だと考えています。しっかりとしたスキルを持ったパタンナーが必要不可欠です。展示会を行う際のファーストパターンを作成したり、作成したパターンのチェックを行ったり、さまざまな仕事があります。必要に応じて、パターンの修正を行うことも大切です。

ミセスブランドでは、40代から50代の働く女性がターゲットになっています。パタンナーは、その年代のニーズを把握して仕事をすることになります。

ミセスブランド:パタンナーとしての一連の仕事の流れ

ミセスブランドは、40代から50代の女性をターゲットとして営業を進めています。独自のブランドで、さまざまな商品を取りそろえているのが特徴です。顧客のニーズを的確に把握することが大切なので、パタンナーには情報分析力も求められます。

ミセスブランドでは、ファーストパターンの作成、サンプル・パターンのチェックなどの基本業務に加えて、仕様の修正やグレーディングといった発展的業務まで、パタンナーに担当させます。

就職先:パタンナーとして取得しておきたい技術・資格

日本では、まだパタンナーは、認知度が低い仕事ですが海外ではデザイナーと同格とされているほど重要な仕事です。

パタンナーの就職先は主にアパレルメーカーやファションデザイン事務所、サンプル製造専門メーカー、縫製工場などがあります。

パタンナーになる為に必要な資格はありませんが、あれば良い資格がパターンメーキング技術検定やCAD利用技術者検定、洋裁技術検定、ファションビジネス検定などがありこれらの資格を持っていれば就職して仕事を始めた時に役立ちます。

更に求められる資質としては、ミリ単位の細かい仕事ですから几帳面で手先が器用でファションが好きな人が求められます。その他にも、デザイナーと製造工場の間に立って意識統一を図らなければいけないのでコミュニュケーション能力も求められます。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ