オッジ・インターナショナルで店舗経営の仕事とは

オッジ・インターナショナル:店舗経営としての仕事内容

オッジ・インターナショナルは、ファッション関連の事業を行っています。販売、接客をはじめとした業務が中心となっています。店舗での経験を積むことで、サブ店長、さらには店長へと昇格していくことも可能です。実力次第で店舗経営にも携わることができるようになります。

オッジ・インターナショナルでは、ゴルフウェア、タウンウェア、バッグ、シューズなどの雑貨類も取り扱っていて、バランスの取れた店舗経営を目指しています。

オッジ・インターナショナル:店舗経営としての一連の仕事の流れ

オッジ・インターナショナルの店舗スタッフは、お客様との関係を大切にしながら信頼してもらえるような接客を心がけています。ファッションブランドとしての店舗経営をしていて、単なる接客から一歩進んだ仕事をしていきます。

オッジ・インターナショナルの店舗スタッフに求められるスキルは、接客・販売のスキルに加えて、店内のディスプレイ・レイアウト変更などを行うスキルまで幅広いものです。しっかりとした店舗経営をしていく必要があります。

マーケティング力:店舗経営として取得しておきたい技術・資格

店舗経営を着実なものとして行ってゆくには、来店してくれるお客についての情報収集も欠かせませんが、それ以上に欠かせないものがマーケティング力と言えます。

マーケティングとは、どのような人がどのようなものを好むのかということから、自分のところで販売している商品の需要というものを的確に予測するための市場調査のことで、これも店舗経営にとっては不可欠なものなのです。

これは店舗や会社の規模には関係なく、またどのような業種にも共通しているもので、このマーケティング力によってお客の動きというものを予測して想定し、それに対する店舗経営のあり方を動的に決定して行く鍵となるものだからです。

店の運営を行う経営者は、どんな店も市場というものによって成り立っている、ということをしっかりと認識しておく必要があるのです。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ