sacaiのパタンナーとしての重要なポイント

sacai:パタンナーとしての仕事内容

パタンナーとは、服飾デザイナーがあしらったデザイン画をベースに型紙をおこす人のことを指します。「型紙をおこす」というのは、紙の上に型紙を置いてからなぞる形で写し取る作業のことです。

この作業は、わずか1ミリの誤差をも許さないため、本人の器用さや正確さが求められることになります。この職種は国によって捉え方が異なりますが、日本ではデザイナーの補佐にあたるものと定義されています。

このように、パタンナーは業界において需要があるため、sacaiなどの求人サイトで常時募集されています。

sacai:パタンナーとしての一連の仕事の流れ

この職種には、自身が手掛けた型紙をもとに洋服が生まれるため、非常にやりがいのある仕事として受け止められています。

また、デザイナーとの連帯感や達成感などを味わうこともできるため、求人が絶えない人気の職種として受け止められています。sacaiではパタンナーで求職を希望する場合、指示書などの作成物を求めることがあります。

当社のコンセプトは、基礎の上に新しい要素を加えることなので、求職者には実地での経験などを優遇する措置をとります。また、近年ではパタンナーの業務にCAD(コンピューターによる設計)を取り入れる風潮があるため、パソコンでの製図も問われることになります。

コミュニケーション能力:パタンナーとして取得しておきたい技術・資格

パタンナーは、デザイナーが描いたデザイン画を実際に型紙に起こす仕事を行う職業です。デザイナーが描くデザイン画は抽象的なものであることがしばしばあるため、型紙に起こす際にはデザイナーと話し合ってイメージや要望などを聞きながら具体化をしていかなければなりません。

デザイナーとの関係が長くなればなるほど、そのデザイナーの考えやデザインの特徴を理解できるようになり、効率よく仕事が出来るようになります。

パタンナーはデザイナー以外にも、生地屋や、ボタン屋、衣服の生産工場など、様々な服飾関係の職業の人達と議論しながら仕事をします。このため、この職業を目指す人にとって、洋裁の技術が必要なことは勿論ですが、コミュニケーション能力も不可欠なものであると言えます。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ