サルースのバイヤーについての重要なポイント

サルース:バイヤーとしての仕事内容

株式会社サルースでは、主にレディース関連のアパレルを取り扱っています。バイヤーには、女性のニーズを的確に把握するスキルが求められています。それぞれのシーズンごとに、必要とされる商品は変わってきます。

どのような商品が求められているのか、市場の流れを見ながら判断することはバイヤーとして絶対に身につけておかなければならないスキルです。

サルースでは、市場の分析、売上の分析などを行って、効率的な業務推進を図っています。

サルース:バイヤーとしての一連の仕事の流れ

株式会社サルースは、レディースアパレルの商品を取り扱っていて、新規ラインを立ち上げようとしているところです。そのため、スキルの高いバイヤーを必要としているのです。

レディースアパレルは、シーズンによって需要が変わってきます。市場の分析、売上の分析、競合他社の分析など、さまざまな分析をしながら、求められている商品を揃えていきます。

株式会社サルースでは、バイヤーが商品買い付けをするだけでなく、商品の開発などにも携わります。

交渉力:バイヤーとして取得しておきたい技術・資格

バイヤーの資質が問われるその最たるものは、なんといってもその交渉力にあります。

商品の買い付け人であるバイヤーは、商品の卸売商である問屋と交渉して、いかに安く商品を仕入れることができるかということが、まさにその腕の見せ所なわけですから、その決め手は文字通りに問屋との交渉力にかかっているわけです。

もちろん、そのための事前の調査力や観察力といったものも欠かせないわけですが、実際に仕入を安く行えるか否かは問屋との交渉力如何であるために、バイヤーとしての能力の分かれ目となるものは、やはりその交渉の能力にあるのです。

こうして安く商品の買い付けを行うことができれば、それだけ小売店の売値を安く設定できるために、仕入価格というものは非常に重要なものなのです。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ