ソリアークのパタンナーとしての仕事の重要なポイント

ソアリーク:パタンナーとしての仕事内容

女性にとって常に関心があるのがファッションです。毎シーズン新しいものが提案されるので、心ときめく瞬間です。ソアリークのパタンナーとして働くということは、そのファッション界の最前線で働くということです。

デザイナーが描いたスタイル画から、実際の洋服が作られるようにパターンを起こすのがソアリークのパタンナーの仕事です。縫製やシルエットにこだわるこのブランドならではのファッション作りには欠かせない、非常に重要な仕事です。

ソアリーク:パタンナーとしての一連の仕事の流れ

ソアリークのパタンナーは外注任せにしないことで、完成度の追求を行っています。スピード感あふれる業務をこなし、バランス感覚を発揮出来る人なら満足いく仕事をすることが出来ます。

ソアリークのパタンナーになるためにはレディースブランドでのパターン作製の経験が必要です。偏りのないアイテムに対応できることも必要となります。パターンに使用するCADも実務経験として扱ったことがあることや、仕事に対するスピードも重要なポイントです。

正確さ:パタンナーとして取得しておきたい技術・資格

パタンナーは、デザイナーの描いた2次元のデザイン画から3次元の洋服のパターンを作る仕事をします。

デザイナーの想像した通りの洋服を製作するために、生地特性の理解や1mm単位の誤差が仕上がりにどう影響するのかを把握する能力が求められます。細かいところまでしっかり作りこめる正確さが必要です。

正確な洋服を作るためには、生地の特性、縫製の仕方、型紙の作り方などの知識を身につけ、応用しないといけません。パタンナーの技術や知識を問う資格である「パターンメーキング技術検定」は是非取得しておきましょう。

近年勢力を増しつつあるファストファッションは、縫製のしやすさ、量産のしやすさを重視したパターンを求められます。工場での縫製の誤差も頭に入れて、どれだけ正確さのあるパターンを作れるのかにパタンナーの力量が現れます。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ