東洋捺染のバイヤーという仕事の重要なポイント

東洋捺染:バイヤーとしての仕事内容

東洋捺染は、レディースのアパレルを中心とした商品を取り扱っています。しっかりとした通販カタログを用意して販売活動を行っていて、バイヤーに求められる期待は高まる一方です。

まずは、カタログに掲載された商品について理解して、お客様に満足していただける販売活動を行っていくことが大切です。

東洋捺染では、商品の企画から販売までの業務を行う必要があります。バイヤーであっても、販売以外のスキルも求められているのです。

東洋捺染:バイヤーとしての一連の仕事の流れ

東洋捺染で取り扱っている商品は、主としてレディースアパレル関連の商品です。実力のあるバイヤーが中心となって、商品カタログに掲載されている商品を販売していきます。

東洋捺染のバイヤーは、商品を販売するだけでなく、商品の企画、市場のファッション傾向の分析、カタログのコンセプト決定など、さまざまな仕事に従事することになります。販売スキルを高めるのと同時に、ファッションセンスも磨いていくことが必要になります。

コミュニケーション能力:バイヤーとして取得しておきたい技術・資格

バイヤーにとって、コミュニケーション能力はとても大切なものになっています。商品の目利き等の専門能力も大切ですが、顧客ニーズを掴むために顧客とコミュニケーションを円滑に行うことも大切です。仕入先に顧客ニーズを伝えて、必要であれば新しい商品開発を促すのもバイヤーの仕事です。

さらに、経理と相談して商品確保の為の資金を用意してもらうようにもしなければなりません。

つまり、バイヤーは、仕入先、顧客、経理との関係、物事を上手く調整して上手く進むようにするのが仕事なのです。その為には、コミュニケーション能力がとても大切になります。勘や目利きも大切ですが、コミュニケーションを怠らないようにして初めて、これらは活きるものです。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ