T’sのMDという仕事をするのに重要なポイント

T’s:MDとしての仕事内容

T’sでは、取り扱っている商品を効果的に販売するため、しっかりとした分析を行っています。そのためには、専門的な知識・スキルを身につけたMDの存在が欠かせません。市場の分析・商品の管理・売り上げの管理といった業務が中心となります。

T’sの営業は、徹底した生産管理によって進められているのです。スタッフ1人1人が責任感を持って、日々の業務に取り組むことが大切です。とりわけ、MDには高い業務推進力が必要です。

T’s:MDとしての一連の仕事の流れ

T’sは、お客様のニーズに的確に応えるべく日々の活動を進めています。さまざまな商品を取り扱っているのですが、しっかりとした市場分析をもとにして、販売活動を行います。MDの業務は、さまざまな情報の分析が欠かせません。市場分析・商品管理・売り上げ管理を適切に行って、スムーズな活動につなげていくのです。

T’sの営業では、情報を適切に利用する能力が求められます。MDは、複数の業務を平行して、売り上げを伸ばしていきます。

知識:MDとして取得しておきたい技術・資格

MDとはアパレルの企業などでよく用いられる役職名で、主に商品の企画担当者を指します。実際の商品のデザイン画を描いたりパターンを起こしたりする技術的な実作業は行わず、主に商品を企画する上での市場調査や、商品の方向性を決定する役割を担います。

一方で、MDは元デザイナーや元パタンナーが数多くを占めています。それは、デザイナーやパタンナーに正確な指示を出すために、必要な経験であるからです。ブランドやチームのリーダーの役割を担うので、自分自身の経験や、正確な知識がない場合、チームを統率するのが非常に困難です。

MDを目指すのであれば、まずは専門学校でデザインやパターンなどの縫製に関する知識を学び、デザイナーやパタンナーとしての実務経験を積む事が、近道であるといえます。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ