ユニクロのデザイナーの仕事と必要なスキル

ユニクロ:デザイナーとしての仕事内容

かの日本生まれの人気ファッションブランドであるユニクロ。シンプルなデザインがメインではあるが、最近はデザインものも増えています。デザイナーの仕事とは一体どういった物なのでしょうか。

ユニクロがシンプルなデザインという事が周知の事実でありますが、そのシンプルさの中にデザイナーとして、トレンドや革新性、ファッション性を消費者に伝えて行く事が非常に重要なポジションとなります。そういった事が、求められる仕事であり、それだからこそここまで大きく飛躍出来たのでしょう。

ユニクロ:デザイナーとしての一連の仕事の流れ

そして、ユニクロは今や日本だけではなく、世界を舞台に店舗数を増やし、拡大しているブランドでもあります。そのため、デザイナーという職業にもグローバルな考え方や、過去の経歴、語学等が求められます。

20代女性や、40代男性向け等どいった明確な消費者のポジショニングというよりは、より多くの消費者に選ばれるデザインを提供する事がユニクロのデザイナーとしては求められます。過去の、自身の実績や成功例をもってこそ、このグローバルな企業で活躍出来る事でしょう。

企画:デザイナーとして取得しておきたい技術・資格

デザイナー職は主に、クライアントや社内の企画担当から依頼されたデザインを作成する、技術職を指します。

一方、企画職とは、実際にデザイン画を作成したり図面を引くといった実作業を行わず、商品のデザインコンセプトを考えたり、市場調査に基づいて商品の方向性を決定する役割を担う職種を指し、特に必要とされる技術はありません。両方をこなす場合もありますが、多くの会社でそれは分業化されています。

デザイナーはデザイン技術とセンスを持つ一方、職人気質で市場のニーズを把握する力やマーケティング能力に欠ける傾向にあります。企業に必要とされるデザイナーになる為には、この企画職に求められる能力を、日々の市場調査や人とのコミュニケーション等から、身につける努力をするのが不可欠です。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ