ユニクロのMDの仕事について重要なポイント

ユニクロ:MDとしての仕事内容

世界を舞台に活躍する日本発のファッション企業であるユニクロ。そんな企業が今MD職の募集を行っている。MDとはマーチャンダイザーと呼ばれる職種で、主に商品に関しての企画等を行う部署にあたります。

ファッション業界では非常に重要なポジションであり、ファッション業界に入社した人の多くがこのポジションに憧れています。しかもユニクロではグローバルに活躍出来るとし世界を舞台に活躍出来ます。では具体的にどういった業務内容になるのでしょうか。

ユニクロ:MDとしての一連の仕事の流れ

現在ユニクロで募集しているMD職というのは、商品構成立案から商品作り、企画まで商品に関する業務が多岐に渡ります。しかも、今や店舗出店が日本のみにとどまらず世界を舞台に活躍している企業だけにグローバルな視点も持って業務に取り組む事が重要とされています。

つまり日本国内だけで売れる商品を立案するのではなく、グローバルに他国を含めた商品企画アイデアを提案出来るスキルが必要とされるため非常に重要なポジショニングとなります。

しかし、このユニクロのMDという職を掴む事が出来れば経営者としての視点を持つ事も可能であり、大きな視点で経営者スキルを身につける事が出来るはずです。

トレンド:MDとして取得しておきたい技術・資格

クリエイティブ業界において、MDの役割とは将来を見据えた消費者の動向を的確に把握し、商品を企画、開発をリードし販売方針を決定、その実績の把握、分析してさらにその翌年の状況を洞察するいう重要なものです。

このような役割の中で何よりも重要なのは、将来のトレンドを洞察し、これを商品化する能力でありまさしくマーチャンダイズの本質です。

現在のトレンドを理解するのはもちろんのことですが通常商品の企画、開発には時間を要するものであり、常に一歩時代の先をよみ、将来のトレンドを予測し商品化していくことが会社の原動力となります。これに失敗すると向こう1年間の会社の商品は競争力を失うといった事態にもなりかねません。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ