ユニクロのパタンナーという仕事についての情報

ユニクロ:パタンナーとしての仕事内容

ユニクロはいつでも、どこでも、だれにでも着られる、というようなファッション性がありながら高品質なベイシックカジュアルを低価格で販売することを目標に国内外に広く展開しているブランドです。

そのユニクロで現在メンズアイテムのパタンナーの募集が行われています。誰でもコーディネートが楽しくできるシンプルなデザイン、そしてトレンドやメッセージ性を感じさせるアイテム、それを高品質、低価格で提供するということを実現していきたいという人材が求められています。

ユニクロ:パタンナーとしての一連の仕事の流れ

パタンナーはユニクロのデザイナーが作成したデザイン画をもとにして型紙を作るのが主な仕事です。まずはそのデザイン画を元にして企画の第一段階であるファーストパターンを作ります。ファーストパターンから展示会用の試作品であるサンプルの作製が行われます。

このサンプルを使用して展示会や営業マンによるプレゼン、企画会議が行われ最終チェックを経て量産パターンの作製に入ります。近年ではアパレルCADの普及が進んでいるので、CADを使いこなせることもパタンナーに必要な能力となっています。

洋裁技術:パタンナーとして取得しておきたい技術・資格

パタンナーの仕事に就くにあたって、取得が必須となる資格はありません。しかし、専門学校などで仕事に関する知識や技術を習得していることは必要であるといえるでしょう。

それだけでは足りないと考えている場合は、パターンメイキング技術や、洋裁や和裁の技術に関する検定を受けて資格を取得しておくと良いです。このうち、洋裁技術に関する検定には、検定を開催している機関が認定する学校に通う学生のみが受験可能という条件がついているものがあります。

その場合は認定校に通わなければなりませんが、逆に言えば、その学校に通って資格を取得すれば、第三者から洋裁について一定の技術水準を持つ者として扱われるため、就職活動やその後の活動をする際に役立ちます。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ