ザラで店舗経営するための仕事の重要なポイント

ザラ:店舗経営としての仕事内容

株式会社ザラ・ジャパンは、メンズ・レディース・キッズに関連した商品を取り扱っています。安定した店舗経営をするために、スタッフが一丸となって業務に従事ししています。マネージャーの果たしている役割が非常に重要で、マネージャーがきちんと仕事をすることで、店舗が安定していきます。

店舗経営に携わるマネージャー職のスタッフも、日常的な販売活動を行って、お客様に満足してもらえるように務めるのが、ザラの特徴です。

ザラ:店舗経営としての一連の仕事の流れ

株式会社ザラ・ジャパンでは、ヨーロッパを代表するカジュアルブランドの商品を扱います。メンズ・レディース・キッズの全てを含んでいます。業務に携わる中で経験を積んでいき、店舗経営に関わるようになっていきます。

まずは、スタッフとして販売活動に従事して、次第にアシスタントセクションマネージャー、セクションマネージャー、ショップマネージャーというように業務レベルを上げていきます。ザラでは、安定したキャリアパスのシステムが整っています。

リーダーシップ:店舗経営として取得しておきたい技術・資格

店舗経営に携わる者のリーダーシップは、店舗の発展に欠かせない能力といえます。店舗の業務は接客だけでなく、商品の企画や仕入、イベントや販促などのプロモーション、在庫管理、資金管理、店員のシフト管理など多様であり、これらを店の責任者だけで担当することはできません。

つまり、店舗の繁盛には責任者がリーダーシップを発揮して店員全員の力を結集させる必要があります。

具体的には、責任者は店員にさまざまな業務を配分し、よい手本を示して仕事を教え、悪い点は理由を示してきっちりと改善させる、というような指導を的確に実行することが求められます。また、店員同士が互いに意思疎通を深め協力し合えるような職場環境を整えることも責任者の重要な仕事です。

こうした指導により、店員は一人前の戦力となり店舗全体の力は増します。さらに、彼らは新たな店長候補へと成長していくため、店舗の発展の基盤が強化されるのです。
    
サブコンテンツ

服飾学校の特徴はこちらから

このページの先頭へ