ファッションの発信地「青山・表参道・原宿」にあり、自然と被服のセンスが身に付く場所にある青山ファッションカレッジ。 オシャレな青カレ生のファッションも一目を置かれています。ファッションショー、校外研修、各種検定などのベントも充実。楽しいキャンパスライフを送れます。卒業生の評判や口コミをいくつかご紹介します。

青山ファッションカレッジをオススメする理由

青山ファッションカレッジHP

就職実績 85% アバウトな記載
コース ◇ファッションクリエーター科(2年+専攻科1年)◇スタイリスト・コーディネーター科(2年)◇ファッションビジネス科(2年)◇ファッションモデル科(1年)◇ファッションクリエーター専攻科(服飾をより専門的に3年目)
卒業著名人 特になし ウィキペディアも作成中
大学のウリ ◆ファッション発信地のキャンパスタウン「青山・表参道・原宿」で、講師は第一線で活躍するプロ
◆授業は少人数制で個人にあった指導
◆実習プロの現場でインターンシップ
◆目指せる職業=デザイナー・パタンナー・ソーイングスタッフ、商品企画、プレス、スタイリストetc
◆郊外研修、ショーなど多くのイベント
◆専門課程2年修了「専門士」の称号、パターンメーキング技術検定、ファッションビジネス能力検定、色彩検定、販売士検定、洋裁技術検定、専修学校服飾准教員認定

青山ファッションカレッジの口コミ

※個人の感想であり、あくまで参考程度に留めてください。進路や授業内容等を保証するものではありません。

青山・表参道・原宿で青山ファッションカレッジの評判の案内です!

リボン 学校の立地は、ファッションの発信地「青山・表参道・原宿」
罫線

地方から上京し「青山ファッションカレッジ」に通学している。学校が終わってから、気軽に行ける表参道や青山、友達にも羨ましいって言われる。そうそう最近やっていたイタkissでも、表参道のカフェが有名になったよね。もちろんチェックすみだし、美容院やマンションなんかを見れて感動!

いつか自分がデザインをした服を作りたいので、ファッションクリエーター科で服作りを学んでいる。
ドレーピング講習は難しそうだけど、一枚の布が立体的に仕上っていく。スカートや袖などのギャザーをどれくらいにすればいいのか、よくわかる講習でパターンを勉強するにはためになると思います。

リボン 現実を教わって講師の先生には感謝してます
罫線

立地条件がよい学校だということも強みですが、なんといっても実践で働く講師だということも私たち学生にとっては、評判通りよかったです。

服を作るということは、デザインにあった製図ができなければダメで、結構難しい面があります。自分で書いてうまくいかないときは、やはり先生にみてもらうわけですが、普段は胸のところにあるダーツをアームや襟に逃がす方法も先生に教わりました。
ハサミを入れたり、テープで貼ったり苦労はあったものの出来上がったパターンは自分の体にピッタリでした。

やさしいだけではなく、時には現実の厳しさを教わりました。

リボン クラスが少人数制なのでとことんできた
罫線

商品企画やプレスなどの職業に興味があり、ファッションビジネス科を専攻しました。
少人数クラスで学べることがいいなと思い決めました。ビジネス科は35人でファッションクリエーター科は20人編成です。

実際に不安だなと思う点はすぐに先生に尋ねることができるんです。

リボン 目標はデザイナーか、パタンナーになりたい!
罫線

ファッションクリエーターか、スタイリスト・コーディネーター科でやりたい職業を見つけたい!

例えば、通学途中にも沢山の洋服店の前を通るので自然と流行と触れ合えます。
センスも自然に身に付き高いテンションで取り組むことができたのです。

卒業制作も力を入れて取り組みましたが、先生は一デザイナーとしてみて、意見を下さり最後までやりぬくことで自分が学んできたもの全てを応用し、自分の力以上のものができたと思います。

小さな成功体験を学生のうちから詰めたことは私の目標をより明確に、より叶えたいと思わせてくれる源になっています。

リボン パターンメーキング、ファッションビジネスなど検定が取れる
罫線

2年間学校に通うのであればしっかりと力を身に着けようと決心して学校に入学致しました。

パターンメーキング技術検定は2級と3級があり、実技と試験があるんですが、筆記試験よりもパターンを実際に引いていくことが結構大変でした。
3級ではブラウスの製図、2級になれば襟がついているジャケットの製図です。特に襟の部分が難しかったので何度も講師に聞いて、自宅でも製図をしたことを覚えています。
実際の検定に基づいてポイントを的確に教えて下さる講師の先生方の支援もあって無事に検定にも受かりました。

小さな練習や努力の積み重ねが成功を呼ぶことを教えてもらった気がします。


罫線

【青山ファッションカレッジの口コミから】

青山ファッションカレッジの評判から言えることは、少人数クラス編成で教えてもらう講師は第一線で働くプロ。
学校がある立地条件は、ファッションの発信地の「青山・表参道・原宿」にある。
いつでも好きなときにファッションと出会へ自然と被服のセンスが身に付く場所。
ファッションクリエーター、スタイリスト・コーディネーター、ファッションビジネス、ファッションモデル科があるが、クリエイター科では「デザイナー」「パタンナー」「ソーイングスタッフ」を目指せる。

罫線

青山ファッションカレッジ オープンキャンパス

日程:2016年10/1(土)、11/12(土)
13:30〜16:00
学科説明会
  • 総合説明
  • 作品展示
  • 出願方法についての説明
  • 教職員との入学相談
  • 校内見学
体験入学
  • Aコース:チュニック教室 (定員10名)
  • Bコース:最新ファッション トレンドマップ制作 (定員20名)
  • Cコース:Photoshop&Illustratorファッションカタログづくり (定員20名)
  • Dコース:モデルウォーキング・ズィングレッスン (定員10名)
※開催日によって内容が異なります。
個別相談・見学随時受付、学生寮の見学や体験入寮(有料)が可能

このページの先頭へ