60年もの歴史があり、女子に人気の服飾学のパイオニア的大学です。服飾専門の博物館「文化学園服飾博物館」やファッションリソースセンターなどの充実した教育施設があり、ファッションを学ぶ環境としては最適。奨学金、学生寮、課外クラブなども充実してます。こちらでは、文化学園大学の評判や口コミをいくつか紹介しています。

文化学園大学評判ガイド

文化学園大学HP

就職実績 ◇服装学部(造形学科・社会学科)
卒業生454名/就職希望者332名/就職者278名 /大学院進学者/専修学校・留学等の進学者37名 【2013年度調】
コース ◇現代文化部・造形学部・服装学部(造形学部6コース、社会学科4コース)3年目からコース選択
◇大学院・大学・短期大学部
卒業著名人 畑野ひろ子(女優)神戸蘭子(モデル)沢田聖子(シンガーソングライター)小手川伸子(元女優)
■服装学部卒・篠原ともえ(タレント)ロリィタ族(お笑い芸人)
大学のウリ ◆受験は英検資格者を優遇
◆学芸員(任用)(全学部)、司書(現代文化部)、1級衣料管理士、カラーコーディネーター検定 、ファッションビジネス能力検定、ファッション販売能力検定、DTP検定、秘書技能、(服装学部)、一級建築士 造形(建築・インテリア科)など資格取得可能な大学
◆研修旅行、球技祭、文化祭、けやき祭
就職率も実績がありアパレル関係70%以上

文化学園大学のオススメガイド

※個人の感想であり、あくまで参考程度に留めてください。進路や授業内容等を保証するものではありません。

こちらでは、文化学園大学の口コミをご紹介しています!

評価・口コミ 伝統がある文化学園大学には、服装学部があるから!
評価・口コミ

親に「なんで大学にいくの?」そんな疑問を投げつけられ、高校のとき考えたことある。文化学園大学には、服装学部あり、カラーコーディネーター検定など資格も取れる。

目標としてデザインの勉強をしたい…、アパレルやファッションのことを知りたいと思ったことがキッカケ。だからといって専門学校ではなく、やはり大学に行き、先のことも考えたかった。

私の母親がちょうど50歳を迎えるが、学校もちょうど同級生で約50年。かなり歴史がある、最初は女子大だったこともあり、ほとんどが女子ばかり。評判では文化祭や、けやき祭があってちょっと楽しい。

評価・口コミ 会社の基本を服装学部で学んだ気がする
評価・口コミ

文化学園大学で私が選んだ服装学部では、ファッションビジネスを学ぶコースがあって、例えば洋服のお店だけでなく、カフェとかペットショップなどのリサーチをする授業がある。

市場調査をしたあとは、グループ分けして店長になったつもりでターゲットやコンセプト、店の名前まで決めていく。このようなワークショップは大学ならではであって、マーケティングまで行えたことは、社会に出てからの自分にとってとてもメリットだと思う。

リンクイメージ>>ファッションコーディネーターに関してはこちら

評価・口コミ 就職率もかなり良かったので選んだ大学
評価・口コミ

私が進路を決めようとしていた高校生の時には、まだ明確に就きたい職業が固まっていませんでした。そのため、自分の可能性を広げることも深めることもできる大学を選びました。

文化学園大学に実際に入ってみて、マーケティングや広告戦略、流通のことまで雑学的に学び、その上でスタイリストや被服製作の道も体験し、私は専門的な道よりも店舗や人材、ブランドイメージの企画などがしたいと思いました。なのでやはり自分の道が決まっていないまま、専門学校へ進み製図などを毎日するよりも、文化学園大学を選んでよかったと思っています。

評価・口コミ 現場は偏差値よりも、経験やセンス
評価・口コミ

代々木にある新都心キャンパスと小平キャンパスがある文化学園大学。アパレル業界に就職する先輩たちからの評判もありました。実際に企業に就いてみてわかったことがあります。パタンナーやデザイナーに憧れる人は多いのですが、受験してデザインや服飾の知識を身につけることより、現実は「センス」というものも必須科目!

文化学園大学は羽を伸ばしてしっかりと学ぶ時間、都心で色々な価値観やセンスに触れて刺激を受ける時間、そんなキャンパスの環境なども私のセンスを磨いた学生生活は良い影響を与えてくれていると思います。

評価・口コミ 夢のデザイナーを目指して文化学園に入学!
評価・口コミ

最初は大学か専門学校かで悩んだ時期もありましたが、私は大学を選びました。

入ってからの授業で服装学部・造形科では、実習がとても楽しかったです。造形の授業では、生地の基本的なことを教わります。例えば、布地見本から「ぬめり」、「はり」、「こし」の感じでスカートを制作しても違ってきます。ドレープ量やフレアなど、仕上がりやデザインにも影響するのですよ。その勉強したことも、ファッションショーでは普段の授業の成果が試されるチャンスでもあります。

リンクイメージ>>ファッションデザイナーについてはこちら


評価・口コミ

【文化学園大学の口コミから】

文化学園大学は50年近くの歴史があり、女子の入学が多い学校。
選択できる学部コースは、現代文化部・造形学部・服装学部。その中の服装学部では、造形学科と社会学科がある。造形では、服作りの企画やデザインなど、社会学科は社会学や経済学、歴史学などの視点重視で総合な勉強をする。
就職も70%以上ありアパレル業界が7割占めている。また、大学では多くの資格取得が可能なので特典でもある。

評価・口コミ

文化学園大学オープンキャンパス2016

日程 : 7/23(土)、8/21(日)予約不要
7/23(土)12:00~18:00
8/21(日)10:00~16:00
7月のオープンキャンパスは「文化の授業体感フェア」を中心に開催。全学部学科の教室を開放。国際ファッション文化学科3年生によるファッションショー「ing」同日開催。
  • 「製作」実習や演習など実技の授業
  • 「発表」課題のプレゼンテーションや調査・レポートの報告など
  • 「講義」講義形式の授業(演習)
服装学部 ファッションクリエイション学科
  • 「ファッションデザイン画 I」(製作)
    衣服の色や柄、ヘアメイクなど、色塗りの方法について実践。
  • 「ニットCADⅠ」(製作)
    ニットマシンとニットCADによるニット小物製作実習。
  • 「ファッションクラフト(刺しゅう)」(製作/発表)
    ミシン刺しゅうの実習および応用課題のバッグと刺しゅう作品のプレゼン。
  • 「ファッションプレゼンテーション」(発表)
    第31回ファッションショー『服の力』の実物作品をまじえ、製作過程や作品について解説。
  • クリエイティブデザインコース 3年「クリエイティブデザイン演習IA」(発表/講義)
    各グループによる商品企画のプレゼンテーションに関する最終指導。
  • 機能デザインコース 3年「ユニバーサルファッション企画設計」(発表)
    マタニティウェアや子ども服など、衣服の機能性・快適性についての調査・実験結果の発表。
  • アドバンストテクニックコース 3年「クチュール演習I」(製作)
    製作した薄物素材ドレスにコーディネートする装飾レースのデザイン提案および製作実習。
  • インダストリアルテクニックコース 3年「インダストリアルテクニック実習A」(製作)
    工業ミシンでTシャツを製作します。学生がサポートし来場者にも体験していただけます。
  • ブランド企画コース 3年「ブランド商品企画論」(発表/講義)
    チームで企画した新規ブランドを、有名百貨店のアパレル担当者にプレゼンし、評価を受けます。
  • テキスタイル企画コース 4年「特別授業 テキスタイル企画コースを体感しよう」(発表)
    実験・実習の授業で製作した作品や、使用する測定機器と設備について発表します。

このページの先頭へ