東京家政大学では1・2年目で人間教育科目と、3年次への基盤となるベース作りをし、4年目にそれぞれのテーマに基づいて卒業作品を造り始めます。また、大きなメリットは各専門分野の教諭の資格が取れること。管理栄養士の国家試験の合格率も非常に高いです。就職率も非常に高い、東京家政大学の評判や口コミをご紹介します。

東京家政大学評判ガイド

就職実績 ◇家政学部
卒業者933名/就職希望者819名/就職者757名/進学者22名
◇文学部
卒業者330名/就職希望者268名/就職者245名/進学者22名【2012年度調査】
コース ◇家政学部(児童(児童学/育児支援)児童教育/ 栄養(栄養学/管理栄養士)環境教育/服飾美術/ 造形表現
◇人文学部(英語コミュニケーション/心理カウンセリング/教育福祉)
卒業著名人 ■椙山正弌(椙山女学園創設者で初代学長)椙山今子(椙山女学園創設者)佐藤昭子(田中角栄元首相秘書)hiro:n(シンガーソングライター)河内さくら(郷土料理研究家)関口美穂(女子競輪選手) 
大学のウリ ■1881年裁縫塾として開設した歴史
■職業人養成132年の歴史で、専門職に強く、国家試験合格率も高い大学【資格取得・就職実績】92.2%
■「自立した女性」を応援するための教育
■資格・免許
小学校教諭1種、幼稚園教諭1種、養護教諭1種、学校図書館司書教諭(任用)、司書、学芸員(任用)、保育士、栄養士、管理栄養士、1級衣料管理士、社会福祉主事(任用)、社会福祉士、精神保健福祉士

東京家政大学オススメガイド

※個人の感想であり、あくまで参考程度に留めてください。進路や授業内容等を保証するものではありません。

こちらでは、東京家政大学の体験談や評判を見ることができます。

リボン 学科選びは、自分のやりたい目標を定めるためにも重要だ
罫線

自分は東京家政大学の「造形表現学」におりまいしたが、もし、これから入学や学校を考えている人がいるのであれば、入りたい分野を調べるべきです。自分は「インテリアの勉強がしたい」、「グラフィックのことが知りたい」と、目指す専門分野がわかっているのなら一番理想的でしょう。 造形表現学科では、1年で行きたい専門分野を専攻するものではありません。1年ではたくさんの造形表現のいろいろな体験をします。そこで2年次になって科目を初めて学び、3年でやっとそれぞれの専門科目を選ぶのです。できる限り目標を決めることが重要です。

リンクイメージ>>大妻女子大学評判ガイドはこちら

リボン 中・高の教員教論資格が取れるメリット
罫線

やはり4年生の大学を卒業することって資格が取れることも大きな意味があると思うんですね。服飾の基礎を学び、デザイン画を描いたり、実際に制作をしていくのですが、全体的なことを勉強するので、専門的なデザイナーになるんだ!というようなイメージではないかもしれません。 もちろん就職先は教員の免許があれば先生にもなれるし、アパレル関係に就職する人も多くいます。人に教える職業に就くのは向き不向きが大きいので、誰にでもなれる職業でなないですが、安定した仕事ではありますよね。大学を考えている人はちょっと考えてみてほしいです。

リボン 自立するために必要なこと
罫線

母校の教えとして女性の自立を掲げていましたので、何となく頭で理解していたように思います。かっこのいいことは言えませんが、手に職をつけることで就職も有利に運びます。 例えば、管理栄養士という国家試験なのですが、2013年度の合格率が98.7%もあるんです。これは全国平均では、38.5%とされているのでこの数字の凄さが分るんじゃないでしょうか…。 この他にも多くの人が教育・保育・栄養の資格も取得されています。小学校や保育所の教員資格も大勢おられました。私は人に教える職には就いていませんが、いつか後輩ができたら、しっかり教えられる先輩でいたいです。

リボン 実用的な英語を学ぶ
罫線

ネイティブ・イングリッシュを学ぶための豊富なコースとネイティブ講師を15名ほどいるのも魅力的ですね。しかも授業英語や、児童英語、観光英語などかなり幅広いコースを網羅しており実戦形式で英語を学ぶには最適ではないでしょうか。服飾で今後働き、海外を視野にいれるのであれば英語は必須になってきます。服飾をデザインだけでなく、縫製や生地のこと、染や洗剤から学んでいき、単に単位を取るということだけでなく、自分の目標を持ってやることがとても重要だ。

リボン 夢だった幼稚園の先生になれる
罫線

私は子供が好きで妹や弟の面倒もよくみてきました。だから、保育園か幼稚園、もしくは小学校の先生になることが夢でした。今は学校の先生になることは親との関わりを考えると難しい時代だと思います。それはきっとやらなければいけない雑用や事務的なことが多いのだと想像できます。 幼稚園でも同じようなことが考えられます。妹が小さなとき、幼稚園の担任と母親がケンカになりかけたことがあったらしい…。妹と友達がケンカをして、先生は親身になって話していた記憶があります。しかし、私も今現在同じような立場で親御さんと関っています。


罫線

【東京家政大学の口コミから】

東京家政大学では1・2年目で人間教育科目と、3年次への基盤となるベース作り、4年目にそれぞれのテーマに基づいて卒業作品を造り始める。また、大きなメリットとして、各専門分野の教諭の資格が取れるもので、他にも資格がある。その一部として管理栄養士の国家試験の合格率も非常に高い。よって、しっかり自分のやりたい目標を持つことで、自分が行きたい学科も分かるので、自立に近づける大学である。その結果として就職率も高い学校である。

罫線

このページの先頭へ