共立女子大学は、就職にも重要になる小学校・中学校・高等学校教諭、認定心理士、管理栄養士、食品衛生管理者、フードスペシャリスト、衣料管理士など多数の資格を取得することができます。 また、英語など言葉を習いたい、海外の生活に興味があり留学を考えている人にも頼もしい学校です。 先輩方の評判や口コミをご紹介しますので、大学選びの参考になさってください。

共立女子大学評判ガイド

就職実績 家政学部 卒業者408名/就職希望者380名/就職者360名/進学者16名
文芸学部 卒業者401名/就職希望者356名/就職者304名/進学者12名
国際学部 卒業者272名/就職希望者238名/就職者21名/進学者8名【2013年度調査】
コース ◇家政学部、文芸学部、国際学部、看護学部
卒業著名人 ■桂由美(デザイナー)入山法子(モデル・女優)倉本由布(小説家)久保田早紀(シンガーソングライター)岡田亜紀(タレント)奥貫薫(女優)森口瑤子(女優)
大学のウリ ◆キャリア支援=1~3年生を対象としてインターンシップ、ガイダンス、OG懇談会など
◆留学制度=条件①一定の語学力、②規定6ヶ月~1年の留学、留学先の大学で修得の60単位まで認定(審査あり)
◆図書館(約23万冊)収蔵、八王子図書館(約27万冊収蔵)
◆厚生施設=軽井沢・河口湖に研修センターあり(格安料金可能)
◆kyonet(ネットワークシステム)インターネットを利用して各種サービスが利用可能
◆免許や資格
中学校・高等学校教諭(一種)、小学校教諭(一種)、幼稚園教諭(一種)、保育士、司書教諭、司書、学芸員、認定心理士、管理栄養士/栄養士、栄養教諭、食品衛生管理者、食品衛生監視員、フードスペシャリスト、衣料管理士(テキスタイルアドバイザー)1級、1級・2級建築士

共立女子大学についての評判です!

※個人の感想であり、あくまで参考程度に留めてください。進路や授業内容等を保証するものではありません。

こちらでは「共立女子大学」の体験談と口コミをご覧いただけます。

リボン みんなキャリア支援を試してみて「緊張」しよう!
罫線

明治設立で教育目的は「女性の自立」としている歴史がある共立女子大学。

就職するための支援は怠らないところが凄いって自慢でした。就職活動ではエントリーシート(履歴書)の書き方から面接まで、添削~模擬練習と全面的にサポートしてくれます。
挨拶の仕方1つで印象が変わることに自分では気づけていなかったので非常に、助けられました。

リボン 留学制度があるのでサポートしてくれる
罫線

共立女子大学に行って、是非とも「留学をしたい」、「興味がある」という人は、いろいろな留学のタイプがあるので絶対に行った方がいいですよ。

まず、留学先には、協定校、提携校と一般校がある。また、派遣留学生や交換留学生として留学を利用することも可能です。留学先で修得した単位については、共立での「国際学部」の授業単位として認定されるので心配なしです。こういうチャンスは上手く使えるといいですね。

中国やアメリカ、スイス、イギリスにある大学を拠点に期間は3~4週間の短期でされる夏期語学研修。他に1年間の交換留学タイプは、フランス、スイスの協定校もあります。

リボン 小学校・中学校・高等学校教諭免許が履修することで取得
罫線

保育士・司書教諭、司書。認定心理士や管理栄養士、テキスタイルアドバイザーなどの多くの免許や資格を取ることができます。

リボン 共立の図書館は本の数が充実
罫線

共立女子大学の図書館は非常に豊富な冊数で、約48万冊の書籍があったり、雑誌は5600種類ある。
CD-ROMの視聴、電子ジャーナルや外部データベースなども利用可能。
それに自宅のPCから検索OK、他に貸し出中のときは「My Library」から予約することも可能で便利で充実!

リボン 何か得るものがある大学生活
罫線

母校である共立大学では、大学短大、中高・幼稚園この全体での行う「共立祭」という一大イベントがあります。
施設が充実しているだけでなく、このようなイベントがあることもいい思い出でしたね。

家政学科の被服学科では、深い勉強をすることができたように思います。

これから、大学に行こうと決めた人は目的を持って学校に行ってほしいと思います。何をしたいかのか分らない人は、大学生活を送る中で探してほしいと願っています!


罫線

【共立女子大学の評判から】

この共立女子大学の体験談から、就活の相談も大切なことで色々なサポートをしてくれる。
その就職にも重要になる小学校・中学校・高等学校教諭、認定心理士、管理栄養士、食品衛生管理者、フードスペシャリスト、衣料管理士など多数の資格があるのでしっかり取得すること。
また、英語など言葉を習いたい、海外の生活に興味があり留学を考えている人にも頼もしい学校である。
図書の本は雑誌なども含め非常に多く、ネットから検索・予約ができて充実している。

罫線

このページの先頭へ